法人・オフィス用品を一気に片付けるなら不用品回収が近道

不用品回収は一般家庭だけではなく、法人やオフィスからの利用も少なくありません。移転やリニューアル、閉店するときなども利用できます。個人で行うには膨大な量になってしまいがちな不用品ですが、業者に任せることで手間が格段と削減できるのです。

一般家庭とは違う法人・オフィス用品のゴミ処分方法

ゴミ処分を行うにあたり、廃棄物が一般廃棄物と産業廃棄物に分けられることを知っておかなくてはなりません。この廃棄物の分類によって、処分方法が変わってくるからです。一般家庭から出てくるゴミと違い、産業廃棄物や事業系廃棄物については、その処分方法が変わってきます。市町村によってその処理方法は変わってきますが、法人やオフィスから出たゴミを一般家庭と同様に出すことができず、産業廃棄物の収集許可を受けた業者に依頼する必要があります。また、福岡市では、事業系一般廃棄物については、これらの運搬許可業者に依頼するか、市の処理施設へ自分で搬入するかの方法を取ることが可能となっています。これらを知らずに一般家庭と同様にゴミを出してしまうと罰せられる場合があるので注意してください。

慎重に作業しないと個人情報漏えいの恐れもある

特に法人やオフィスから出てくる廃棄物の中には、個人情報が多く含まれるものもあるため、それらの廃棄は慎重に行う必要が出てきます。そのまま廃棄してしまうと、その情報をだれかに持ち出されてしまう可能性もあるため、媒体が紙であればシュレッダーを活用するなどの方法を使います。シュレッダーの種類によっては、復元可能になるものもあるため、その点も気をつけなければなりません。また、紙以外の媒体であれば、それを破壊したりデータを適切に削除したりすることで漏えいを防げます。媒体用のシュレッダーもあるので、そのようなものを利用するのも方法のひとつですが、法人やオフィスでそれを所持しているところも多くないので、別な方法で行う必要が出てくるでしょう。

法人利用実績がある不用品回収業者に任せるのが安心

自分たちの手で、オフィスや法人で不用になったものを片付けるのに限界があると感じた場合は、法人利用実績がある業者に頼んでしまうのが賢い方法と言えます。実績がある業者であれば、慣れているため、手続きなどに手間もかかりません。もちろん、しっかりとした手順を踏んでくれるので、任せてしまえば情報漏洩や、ゴミの処分に対しての法律などを気にしなくても済むのです。個人で行うことに不安や心配がある人は専門業者に依頼するのがよいでしょう。一番安全な方法で処理いたします。

まとめ

法人やオフィス用品を一気に片付けたいときは不用品回収を依頼するのがおすすめです。

オフィスの不用品回収はクリーンヘルスにご用命を。