福岡市で刀剣は処分できる?知っておきたい危険物の捨て方とルール

「実家の遺品整理をしていたら刀剣が出てきて捨て方に困っている」「先祖から受け継いでいる日本刀を手放したい」と刀剣の処分に困っている方も少なくないのではないのでしょうか?
現在、刀剣は一般的に飾りものとして考えられていますが、一つ間違えば銃刀法違反として罰せられる場合もあるため慎重に処分しなければなりません。
そこで福岡市で刀剣を処分する方法を解説したいと思います。

刀剣は福岡市に限らず自治体での一般ごみNG

基本的に日本全国どの自治体でも刀剣を一般ゴミで処分することはできず、回収してもらえることはありません。処分の手続きが面倒だからといって、無理にゴミとして出そうとして不燃ゴミや粗大ゴミで捨ててしまうと警察から厳罰を受ける可能性があります。刀剣を処分するには、各都道府県の警察署に届出を提出し、所定の手続きを踏む必要があるのです。次の項目でその手順をご説明します。

刀剣を処分するときの流れ

刀剣を処分する際にはまず「銃砲刀剣登録書」の有無を確認しましょう。
この登録書があれば、危険物としてではなく、美術品として一般人の所持を認められたことになり、処分したい場合には古物商などに買取を依頼することができます。

登録書がない場合、もしくは紛失している場合はまずは警察署に報告しまずは発見届を発行してもらいます。

この発見届が発行されると、都道府県の教育委員会にて刀剣が美術品として認定されるかどうか審査があります。

この審査を通過すると登録証が発行され、売買や譲渡が可能になります。

譲渡する場合は登録者の名義を変更しなければいけませんので、忘れないようにしましょう。
教育委員会での審査に通過できなかった場合はその刀剣は破棄しなければなりませんが、破棄する場合の処分方法は都道府県によって異なりますので確認しましょう。

不用品回収なら気軽に刀剣や危険物を処分!

都道府県の教育委員会での審査が通過できず、ご自身で刀剣を処分しなければいけない場合には不用品回収業者に相談すると良いでしょう。

業者によっては危険物の取扱いができない業者もあるのでホームページなどで確認することをおすすめします。模造刀やモデルガンであれば不用品として回収することができる場合も多くあるので、まずはお気軽に相談されてはいかがでしょうか。当社グリーンアースでは不用品回収の無料出張相談見積もりをしております。

自治体の一般ゴミや粗大ゴミで回収できない物でも回収できる場合がありますので、福岡で不用品回収に困ったら!お気軽にクリーンアースにお問い合わせください!