遺品整理との違いは?みんなが生前整理をする理由

残された遺族が、亡くなった家族の家財道具などを片付けることを遺品整理と言いますが、生きているうちに自分自身で身の回りのものを整理することを生前整理と言います。
今回は生前整理と遺品整理の違いをお伝えします。

いま生前整理が流行っている理由

生前整理をしておくと財産や身辺を整理しておくことができるので、ご本人だけではなく残されたご家族の負担が軽減されるというメリットがあります。

遺品整理の場合は、どこに故人の大切な物があるかわからない、どのように対処すればよいかわからないなど、整理をするのにかなりの時間と労力を使うことがあります。

そこで、自分が生きているうちに家族の負担を減らすために整理を進めていきたい、残された家族間で、土地や財産などの相続トラブルが発生することを避けたいと考える人が増え、生前整理が流行ってきているのです。

生前整理を行うと同時にエンディングノートも用意しておくと、さらにご遺族への負担を減らすことができます。

生前整理と遺品整理の違い

生前整理とは生きている間に持ち物を整理することを言います。生前整理は介護施設への入所が決まっている、病気にかかって自分の死を意識したタイミングなどで行うということが多いです。

自分の死後に起こり得る財産問題など、家族への負担を少しでも減らすことを目的としており、生前整理で行うのは不用品の処分であって、必要なものは残しておきます。

友人知人の連絡先、葬式や供養の方法、銀行や年金といった各種手続き情報などをまとめておくことが多いようです。一方で、遺品整理とは既に亡くなってしまった家族の持ち物を整理することです。遺品整理は一般的に法事を行うタイミングで依頼されることが多く、四十九日を過ぎたあたりに残された家族が行います。

ただ遺品を処分するだけではなく、遺族の方への形見分けなどの作業も必要であるため、かなりの時間と労力が必要になるでしょう。

自分で捨てる自信がない!不用品回収のプロが代行します

いざ生前整理をしようと決めたら、なにが必要で、なにが不要なのかを分ける作業から始めなければいけません。また、自分しか知らない情報や死後の希望要望などまとめておくことも大切です。生前整理で何を処分すればよいかわからないという方は、まずは不用品回収のプロに相談することをおすすめします。

不用品回収のクリーンアースでは遺品整理だけではなく、生前整理のお手伝いもいたします。遺品整理でお困りのご遺族の方を福岡で見てきたからこそ、生前整理でも的確なアドバイスをすることが可能です。福岡の不用品回収のプロ集団!クリーンアースは生前整理でも大活躍!