2tトラックがお得!オフィス移転に大型不用品向けの不用品回収の定額パック

2tトラックがお得!オフィス移転に大型不用品向けの不用品回収の定額パック

オフィスには家庭とは違った不用品やゴミがあります。オフィスの移転、レイアウト変更、あるいは閉鎖などで大量の不用品が発生した際のベストな対応方法はなんでしょうか。面倒な不用品回収は、現場を良く知ったプロにお任せください。

 

 

 

オフィス移転に伴う不用品はどんな物がある?


オフィスの移転に伴って出てくる不用品で一番多いのは事務系の不用書類や書籍、OA機器です。特に書類などはセキュリティの観点からも適切な処理が望まれます。応接セットなども移転をきっかけに新調することも多いです。会議用テーブル、デスク、椅子などもあります。

事務機器の中にはすでに減価償却が終わったものもあります。それらも処分される対象になります。細かいところではパーテーション、金庫なども挙げられます。また、中には産業廃棄物として処理しなければいけないものもあります。

事業者に対しては不用品の対応は法的にも制限のあるものもあるので、気を付ける必要があります。

不用品一点一点を処分していくのは大変


非常に多くの種類の不用品が発生するのが、オフィス移転と言えます。移転だけでなくレイアウト変更などでも不用品が出てきます。

不用書類やパソコンなどの処分は、まずセキュリティの観点からシュレッダーやハードディスクのデータ消去などのクリア化が必要です。特にパソコン内の情報は確実に消去しないまま廃棄すれば、情報流出などのトラブルにつながることもあります。

移転にしてもレイアウト変更にしても、様々な種類の不用品が大量に発生するのは間違いありません。これらあらゆるタイプ別の不用品に対して、それぞれに対応していては時間も人手も足りません。

会社の営業活動に支障が出ては本末転倒ではないでしょうか。

 

不用品が大量にある場合は2tトラックの「定額パック」で一括処分!


こうした大量の不用品回収に対しては2tトラックによる定額パックをおススメいたします。2tトラックに詰め込めるだけ詰め込んで、価格は一定で変わらないというお得な回収サービスです。

不用書類や書籍などの小物から、OA機器、応接セットなどの大物まで、一括で回収することが可能です。また、不用品をタイプ別に仕分けする必要もありませんので、移転される会社にとっては手間暇ともに負担がかかることなく、スムーズに不用品の処理が出来ます。

 

まとめ


オフィスの移転にまつわる不用品の処理は、正しく仕分けを行った上で、不用品の種別ごとに処理しなければなりません。誤った処理をした場合はケースによっては法的に罰せられる可能性もあります。
ぜひ回収業者のプロである不用品回収業者にお任せいただくことをおススメいたします。

大型家具などの大きな不用品を大量に処分するなら、ぜひ一度福岡で不用品回収を行っているクリーンアースにご相談ください。