福岡での「回収に料金がかかる粗大ゴミ」の扱い

ゴミは生活していると毎日のように出てきてしまいます。普段のゴミなら無料で自治体に引き取ってもらえますが、粗大ゴミは大きさや種類などによって、料金がかかってきます。そこで今回は粗大ごみの扱いについて 解説していきます。

1つ1つ判断するのは大変…

ひとくちに粗大ゴミといっても、どれが一般ゴミで捨てることが出来て、どれが粗大ゴミにあたるのか、自分で判断するのは大変な手間がかかってしまいます。福岡で粗大ゴミの定義は電気・ガス・石油器具から寝具・家具、趣味用品、その他と大きく分類はされていますが、座布団は寝具・家具ではなくその他で、電話台も家具ではなくその他に分類されます。それ以外に回収してもらえない物もあります。例えばピアノ、バッテリー、農機具、トナー、消化器など一見回収してもらえそうな物でも回収してもらえません。その他にも家電リサイクル法にあたる、エアコン、テレビ、冷蔵庫など回収してもらえないのです。これらすべてを自分で調べて判断するには大変な労力がかかってしまいます。

 

事務所移転などは自分でどうにかできる分量ではない

家庭で粗大ゴミが出るケースといえば、引っ越しの時や買い替えの時です。それですと、個数もそう多くはならないため、自分で調べて回収してもらう事が出来ますが、そのように簡単にはいかないケースがあります。それは事務所の移転などによる大量の粗大ゴミの場合です。事務所の移転などの場合、引っ越しの際にすべての家財道具を運ぶよりも、古くなったデスクなどは新しく買い替えた方がよいと考える方が多いです。けれど移転となるとその分量は多くなってしまいます。量が増えると選別なども手間ですが、そのひとつひとつにシールを張り付けることや、粗大ごみを所定の場所まで運ぶのも相当な労力となってしまい、とても個人でできるような物ではなくなってしまいます。粗大ゴミを回収するときにかかる料金だけではなく、多くの手間がかかってしまうのです。

 

トラック詰め放題キャンペーンが便利です

ここまで聞くと、粗大ゴミを出すのは面倒だから、不用品回収しないでそのままにしておこうと考える方もいると思いますが、少しお待ちください。自分で判断することやシール貼り、荷物の運搬など面倒で大変なことは、トラック詰め放題キャンペーンが便利でお得です。かごパック・1tトラック・2tトラックと粗大ゴミの分量によってパターンを選ぶことが出来ます。いちいち調べたりせず、詰められるだけ詰めて、お部屋の中をスッキリさせて新しい生活を始めてみてはいかがでしょう。 個人の方から企業まで幅広く、どんなものでも回収に伺います。

福岡で「不用品回収を検討している」という方は、クリーンアースにご連絡ください。