不動産解体前の家具・粗大ごみの処分方法と不用品回収の流れ

引っ越しや居住者が亡くなったことにより、不動産を解体する場合には大がかりな作業が必要になります。粗大ごみの処分方法や不用品回収の流れを把握しておくことで、万が一の時に備えることができます。

不動産解体前に処分が必要なものとは

不動産を解体する前には、家の中を整理し不用なものを処分する必要があるでしょう。引き取り手がいる場合は早めに移動させて置く方が良いです。

誰も使用しない大型の家具などは、不動産がある地域にて粗大ごみとして回収してもらうことができます。その際は条件や必要事項などを確認し、利用してください。電化製品などの市で回収していないものに関しては不用品回収業者に依頼することで、簡単に処分することができます。

不用品回収業者では、家具などの回収も行っていて、日用品や衣類などもまとめて引き受けているので、依頼者に負担がかかることなく効率的に整理し、解体までの準備ができるといえるでしょう。

行政に不用品回収を依頼する流れとメリット・デメリット

行政では粗大ごみの回収を定期的に行っています。規定の条件を満たし、ルールに沿って行えば低価格で回収してくれます。難しい作業はないので、指定の場所と時間までに持ち運びができれば気軽に利用できるといえるでしょう。有料にはなりますが、高齢者や体が不自由な方などを対象に、家の中や玄関先から運び出してくれる持ち運びサービスなども行っています。

しかし、行政では粗大ごみとして処分できるものが限定されているので、回収してもらえないことも少なくありません。例えば、電化製品やパソコンなどは対象外になるので、他の回収してもらえる業者に依頼しなければなりません。また、1回に処分できる個数についても制限があるので、数が多い場合は日程を分けなければいけないというデメリットもあります。

解体業者に不用品回収を依頼する流れとメリット・デメリット

不動産の解体業者に不用品回収を依頼する場合は、あらかじめ回収してもらいたいものを伝えておく必要があります。後は解体費用に追加して見積もり料金を出してもらい、当日までに不用品以外のものを整理しておくだけです。

メリットは、不用なものをまとめて引き取ってもらえるので、自分で行う作業の負担が減り、スムーズに準備ができます。行政では回収してもらえないものも対象にしている場合が多く、簡単に済ませたい方には適しているでしょう。

しかし、業者によっては解体費用と合わせて高額な費用を請求することも少なくないので、確認が必要です。行政と比べても、かかる費用が上がることは避けられないといえます。

不動産を解体する際は専門の不用品回収業者に依頼し、負担なく料金を抑えて処分することおすすめです。福岡で不動産解体前の不用品回収はクリーンアースへ。まずは無料見積もりを!