あまり知られていない「そのまま捨ててはいけないゴミ」とは?

日常生活で使うものでも、いざ廃棄しようとしたときに処分方法がわからないという場合はよくあります。あまり知られていないかもしれませんが、福岡でも灯油や刃物などの危険物は、そのままゴミに出すことはできません。今回は、灯油と刃物の処分方法と、廃棄したいものの処分方法に迷ったときの対処についてお話しします。

そのまま廃棄できない危険物:灯油の処分方法

灯油はポリタンクに入ったままゴミ収集に出すことはできません。火災の原因ともなるため、燃やして処分したり土に埋めたりすることも厳禁です。廃棄したい灯油が少量の場合は、新聞紙や布などに吸収させてから可燃ゴミに出せる場合があります。自治体ごとにゴミとして出せる灯油の量や廃棄方法は異なりますので、必ず事前に確認しましょう。福岡市の場合は、市での収集はおこなっていません。廃棄したい灯油が大量にある場合や、少量でも自治体のルールでゴミとして出せない場合には、ガソリンスタンドや灯油販売店などに有料で引き取ってもらうことができます。しかし、自身で灯油を運ぶことが体力的に大変だったり、灯油を運搬すること自体に不安を覚えたりする場合もあり、灯油の処分方法に悩む方も多いのが現状です。

そのまま廃棄できない危険物:刃物の処分方法

刃物をゴミに出す場合は、そのままゴミ袋に入れて出すことはできません。刃物はそのままゴミに出してしまうと危険なため、刃物の処分方法については自治体ごとにルールが決められています。たとえば、福岡市の場合は厚紙で包み「危険」と表示するように決められています。自治体のルールに従うことはもちろんですが、安全対策として、刃の部分をガムテープや新聞紙などで包む、厚手の紙袋に入れてテープでグルグル巻きにする、などする必要があるでしょう。また、直接自治体の処理場へ持ち込むことも可能です。ただし、不燃ゴミの回収タイミングがなかなか合わなかったり、処理場が遠かったりして、処分に困るケースもあるかもしれません。

廃棄に迷うものは業者に相談を

灯油や刃物など、自分では処分方法がよくわからなかったり、指定された処分方法が難しく感じられたりするものは意外とあります。不用品回収業者なら、適切な分別や処理方法を取ることが可能な上、さまざまな不用品を一度に引き取ることが可能です。たとえば、灯油は自宅まで回収に来るため、自分で運搬する手間がかかりません。複数の包丁を廃棄したいといった場合も、ひとつひとつ自分で包んだり、ゴミの収集日まで置き場所に困ったりすることがなく便利です。処分方法に迷ったり困ったりしたときには、不用品回収業者に相談してみましょう。

まとめ

灯油や刃物など、処分方法がよくわからなかったり、自分で処分することが難しかったりする危険物は案外身近に多いです。特に、複数の不用品を処分したい場合には、手間も時間もかってしまいます。不用品回収業者なら、自分で処分が難しい危険物でも一度に回収し、適切に処分することが可能です。廃棄に困った不用品があれば福岡のクリーンアースにご相談ください。