不用品回収にかかる費用!高くついてしまうのはどんなもの?

引っ越しや大掃除、事務所移転のときには不用品が出て処分するときに、不用品回収を依頼する人が多いですが、処分する物によっては費用が高くつく物があります。そこで今回は不用品回収を依頼するときにどんな物が高くつくのかについてご紹介したいと思います。

冷蔵庫・テレビ・洗濯機など大型家電

冷蔵庫やテレビ、洗濯機などの大型家電は「家電リサイクル法」によって処分の方法が定められています。
これは利用可能な部品や材料をリサイクルして、廃棄物を減らし、資源の有効利用を推進させる目的でできた法律です。冷蔵庫やテレビ、洗濯機はオゾン層の破壊や地球温暖化を促すフロンガスや有害な鉛や水銀が機材の中に含まれているので、適切な処理をしてリサイクルいないといけません。そのため手間がかかり、その分回収費用が高くなると言うことになります。

また不用品回収業者によっても料金はまちまちで、中には無許可で不要品を回収する業者も存在しますので、ご利用の際はしっかりと確認しましょう。

ベッド・ソファ・シェルフなどの大型家具

ベッドやソファ、シェルフなどの大型家具は処分するとなると大変で、普通ゴミでは受け付けてもらえない所がほとんどです。ここ福岡でも大型家具は粗大ごみとして有料での引き取りになります。
引き取った後も細かく解体・分別をして廃棄処分となり、手間がかかってしまためにどうしても割高になります。

自治体に依頼した場合は指定日に指定の場所まで持って行かなくてはならず、ベッドなどの多くの大型家具は自力で持ち出すことができない物が多く、無理に運び出そうとすると、床や壁を傷つけてしまうこともあります。このように処分に困った時には不用品回収業者に依頼すると良いでしょう。
不用品回収業者に依頼すると専門のスタッフがきちんと運び出してくれますので安心です。

エレクトーン・ピアノなどの楽器

エレクトーンやピアノなどの大型楽器を不用品回収に依頼する場合、費用が高くなってしまう理由の一つに人件費があげられます。
エレクトーンやピアノを置いてある部屋から運び出すのに人手が必要になりますので、その分費用が高くつきます。
またご自身が持っているエレクトーンやピアノの種類によっても費用が変わり、グランドピアノは普通のピアノよりも大きな分だけ費用が高くつきます。
不用品回収業者に処分を依頼した場合は処分費用に搬出費用が加算され、マンションの高層階や二階、窓からしか搬出来ない場合は別途費用がかかります。

福岡で不用品回収をお考えならクリーンアースにご相談ください!