福岡市の危険物の回収|銃剣などの危険物はどこに依頼すべき?

福岡市で危険物の回収を依頼したい場合、多くは「燃えないごみ」の区分に含まれる物のみが対象となり、物によっては回収してもらえない場合があります。また、不用品回収業者の場合も危険物の取り扱いは行っていないことが多いようです。では市区町村や業者が回収できない危険物はどのように処分したらいいのでしょうか。

福岡市で銃を処分する方法は?

遺品整理などをしていると、故人が使っていたもののなかに猟銃などが出てくることがあります。福岡市では、銃などは不用品回収業者では回収ができません。猟銃などは銃刀法などの法律があるので適切な処分が必要になります。一般的には、管轄の警察署に連絡して廃棄の依頼を行います。事情を伝えれば警察が無料で引き取ってくれます。遺品整理などで猟銃や散弾銃を発見した場合、すぐに警察署に連絡することで、発見者が罰せられることはありません。また、銃砲店などがあればそこに連絡してみると適切な処理方法を教えてくれるでしょう。銃の所持には免許が必要で、故人の持ち物でしたら、免許がないので不法所持となってしまいます。そのため、故人がなくなってから50日以内に処分するように法律で決められているのです。

福岡市で刀剣を処分する方法は?

遺品整理などで刀剣が出てくる場合もあります。福岡市では、通常の包丁でしたら燃えないごみの日に新聞紙などにくるんで処分しても良いとされています。しかし、刀剣などの日本刀となると、通常の燃えないごみとして出してはいけません。この場合も処分する場合は、管轄の警察署に連絡しましょう。警察署内の管轄部署は生活安全課になります。また、古い刀剣となると、福岡市の教育委員会などで美術品として認定されるかどうかの審査が行われる場合もあるようです。そのため、くれぐれも自分の判断で処分しないようにしなくてはいけません。

処分・回収は専門業者へ問い合わせを

遺品整理などで、猟銃・散弾銃、刀剣などが出てくる場合がありますが、銃についてはできるだけ速やかに処分をする必要があります。今回ご紹介した危険物の他にも簡単に処分できない物がありますので、まずは不用品回収業者に問い合わせて適切なアドバイスを聞くことをおすすめします。
クリーンアースでは、不用品回収可能実績は99%を誇っています。ほぼどのようなものでも回収可能なのですが、銃剣などの危険物については回収ができませんが、危険物の処分についてご相談いただければご説明をすることができます。また、ご相談の結果、弊社で回収できる物でしたら、無料お見積もりの上回収させていただきます。その他の不用品。その他の不用品について、福岡での不用品回収はクリーンアースにお問い合わせください!