福岡市のゴミ出し・リサイクルのルール

日本では不要品を処分する際に対象の種類ごとにいくつかの法律に分かれており、その法律に基づいて不用品を処理していきます。分別方法は各自治体によって決められ、福岡市でも処分する種類によって分別の方法が変わります。
今回は福岡市のゴミ出しやリサイクルのルールについてご紹介します。

福岡市のゴミ分別とリサイクルのルール

福岡市にも日本の各自治体と同じようにゴミ分別のルールがあります。
まず福岡市では家庭用のゴミは燃えるゴミ、燃えないゴミ、空き瓶・ペットボトル、粗大ごみの4つに分類されて、粗大ごみ以外の分別されたゴミは福岡市指定袋に入れてしっかりと口を結んで各ごみの指定日に出します。

各ごみの分別の仕方は、燃えるゴミは主に台所ゴミ・プラスチック・革製品・ゴム類・竹・木製品・紙おむつ・紙屑などがあげられ、燃えないゴミは陶器・ガラス類・金属類・傘・乾電池・スプレー缶・電話機やオーブントースターなどの小型家電も対象になります。

粗大ゴミと不用品はどう違う?

粗大ごみとは一般的には自治体などの行政が行い、大きさによっては普通ゴミでは回収できないものを行政に依頼して有料で処分してもらいます。
ただ粗大ゴミはすべての不用品を回収できるわけではなく、回収できる種類に限りがあり、指定の場所まで自分で運んで行かないといけませんが料金は一般の不用品回収業社よりも安く処分できます。
ただ粗大ゴミは自治体が指定された日に回収し、その日まで待たないといけません。
年末や引っ越しのシーズンは回収までに何日も待たないといけないことが多く、すぐに回収してもらいたい人には不向きです。

不用品とは大きさに関わらず業者が回収してくれて、粗大ゴミとの違いは業者による運び出しサービスがあり、粗大ゴミでは回収できないような物も回収でき、日にちもこちらから指定できるのが特徴です。

市で回収できないものは不用品回収業者を利用しよう

自治体で回収できない物は不用品処分業者に依頼することをおすすめします。不用品回収業者では必要に応じてゴミの分別をして処分してくれます。
たとえば自治体の粗大ゴミでは家電は種類によっては家電リサイクル法の対象となるために回収は行っていませんが、不用品回収業者の場合は不用品を運び出してくれるので、部屋を傷つける心配もなく手間もかからず楽に処分できます。
また業者によっては依頼した即日に回収してくれるところもあり、早く回収してもらえれば片付けも楽になります。

即日回収も可能なクリーンアースでスピーディーな不用品処分を!