不用品をそのまま捨ててはダメ?福岡市で廃棄時に注意したいこと3つ

福岡市では家電を含めた不用品を廃棄する場合、種類によっては決められた方法で廃棄や回収を依頼しなければいけないものがあります。法律や市で定められているケースもあるので、正しい知識をもっておきましょう。

家電製品はリサイクル法により各メーカーや専門業者に

特定の家電製品は家電リサイクル法により、福岡市内の粗大ゴミとして廃棄することができず、リサイクル料金を支払い処分してもらわなければいけません。対象の家電は4品目でテレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機となっており、衣類乾燥機や冷凍庫も対象です。

処分する方法はいくつかあり、まずはその家電を購入した店舗への依頼となりますが、買い替えの場合には新しい製品を購入する店舗に回収を依頼します。購入した店舗が不明な場合もありますが、そのときには自分で郵便局にてリサイクル料金を支払い、指定の引取場所に自分で持ち込みをしなければなりません。
福岡市の場合は運輸会社や運送会社などですが、大きな車がないと持ち込みをするのはなかなか難しいです。

ペットボトルとキャップは分ける!容器包装リサイクル法とは

廃棄時に注意が必要なのは家電だけではありません。頻繁に発生するゴミにも注意しなければいけないものがあります。
例えばペットボトルとそのキャップ、ラベルはそれぞれ別のゴミとして廃棄する必要があり、中身を軽くすすいでからそれぞれ別々にしなければいけません。これは容器包装リサイクル法という法律によるものです。地域によって対象の廃棄物や分別方法が異なります。
福岡市の場合には、燃えるゴミとしてプラスチックやキャップとラベル、燃えないゴミは空き缶や金属キャップ、ビンとペットボトルは専用の袋に一緒に入れるなど、それぞれの指定袋を購入して廃棄しなければいけません。

紙や服など福岡市がリサイクルのため積極的に回収しているもの

分別しなければいけないものではありませんが、福岡市でリサイクルのため不用品回収している品目もあります。例えば古着やタオルであれば、綿にして自動車の内装などに使用するため、市民センターの回収ボックスで収集しています。これはリサイクルなので破れているものでも可能です。雑がみやダンボールなども市民センターや区役所、その他施設で回収ボックスにて回収していて、公園や住宅などにも設置されています。これらを利用することで、分別用ゴミ袋の購入費用を節約することが可能です。
このように家電や包装用紙など福岡市で廃棄するのに注意しなければいけないものがあります。なかには分別で節約できる廃棄物があります。不用品の分別に悩んだら福岡のクリーンアースをご利用ください。