行政に回収してもらうより実はお得!損しない不用品処分とは?

不用品(粗大ゴミ)の回収方法は大きく分けて行政による回収と、民間業者による回収の二つに分けられます。それぞれにメリット・デメリットがあり、かかる費用にも違いが出てきます。そのつどどちらに依頼するのかを見極めて損をしないようにしましょう。

行政の不用品回収で処分できるものと必要な費用

行政での不用品回収は、各地役所や自治区によって回収できる品目や規定が異なります。お住まいの地域で定められた粗大ゴミ回収の規定を詳しく確認しておきましょう。

行政においては基本的に1辺の長さが30cm以上のものであれば粗大ゴミとして回収してもらえます。回収できないものの例としては、エアコン、テレビ、パソコン、冷蔵庫、洗濯機、自動車、オートバイ、ピアノ、ガスボンベなどがあります。

行政の不用品回収にかかる費用ですが、一点につき300~2500円ほどです。2トントラック1台分だと10000~25000円くらいが目安です。

民間業者の不用品回収で処分できるもの必要な費用

民間業者の不用品回収では、行政で回収できないものもほとんど回収してくれます。行政では回収できないエアコンやテレビなどのリサイクル家電も回収できますし、分別が難しい品も回収してもらえる可能性が高いです。民間業者でも回収できないものとしては、窃盗品、銃、液体、医療器具、液体、缶詰・ピン類などがあります。

民間業者の不用品回収は行政に比べると費用がやや高めになります。不用品は1点につき3000~8000円ほど。2トントラック1台分の回収だと30000~80000円くらいになります。ただし、行政とは違い回収日時を指定すれば自宅まで回収しに来てくれるので面倒な持ち運びなどは一切不要です。そのままの状態で家に置いておけばあとは業者スタッフが運搬してくれます。

何もかもすべて任せたいというときは民間の不用品回収業者がベストです。

よりお得に不用品回収をしたいならプロの民間業者へご相談を!

行政では回収してもらえない粗大ゴミをたくさん抱えてしまっている方も多いでしょう。その場合は民間のプロの回収業者に依頼することをおすすめします。一人では持ち運べない、大量の品をまとめて処分したい、好きな日に予約をして回収に来てもらいたい・・・そういうときは行政よりも民間業者のほうが融通が利くものです。

プロの民間業者によってそれぞれサービス内容やプランが異なります。2トントラック1台分のパックサービスであっても業者によって費用は大きく違うのです。お住まいの地域でできるだけお得なプランを実施している業者をネットで探すのが賢明です。

福岡にはプロの不用品回収業者が数多く存在しています。少しでもお得に不用品処分をしたいと考えているようでしたら福岡にて不用品回収を行うクリーンアースにお任せください!