不用品回収業者が回収できるものと回収できないものとは?注意点を紹介

引っ越しや遺品整理などのときに、不用品回収業者に頼む方は少なくありません。中には、不用品回収業者が回収できるものとできないものがあるので、あらかじめ知っておくといいでしょう。注意点を含めて確認してみてください。

一般的な家庭や企業から出るごみは回収できることが多い

不用品回収業者では、一般的な家庭や企業から出るごみについては取り扱っている場合が多いです。家庭で出される不要な大型の家具などは持ち運びにも負担があるので、専門の業者に依頼するのが良い方法のひとつといえます。

福岡市では、電化製品や企業で取り扱いの多いパソコンやコピー機などの機器の粗大ごみ回収は行っていないので、まとめて業者に回収してもらうといいでしょう。

そのほかにも日用品や衣類、カメラ、お子さまが使用していたぬいぐるみやおもちゃまでさまざまなものの回収をすることが可能です。

回収できない可能性があるもの:食品類や生き物

不用品回収業者が回収できない可能性があるものは、飲み物や食品類、一般ごみとして出されるような生ゴミが該当に当たります。また、動物などの生き物も回収することができないでしょう。

そのほか、窃盗品と予想されるものや高い違法性が見込まれるもの、公序良俗に反するものの回収も行っていない業者が多いといえます。面倒だからとすべてのものを不用品として預けてしまう方は少なくないのですが、これらのものは回収することができなく、お断りをする可能性が高いので、あらかじめ認識しておくことが大切です。

引っ越しなどで仕分けを行う際には、こうした回収できないものが含まれていないかもきちんと確かめておくことも必要といえます。

回収できない可能性があるもの医療器具類や危険物

回収できない可能性があるものの中には、病院で扱っているような医療器具類もあります。さらに、銃器や爆弾のような武器や、ガソリンなどの危険物に該当するものの回収もできないといえるでしょう。家の庭にあるような土や石、岩も対象外となります。

不用品回収業者ではほとんどが回収できるものとして扱われますが、このように回収ができないとされるものもいくつか存在するので、依頼する場合は、事前に確認しておくと良いといえます。家や企業などにある処分したいものの中で、回収してもらえるのか自分で判断がつかない場合は、事前に不用品回収業者に問い合わせをして相談することで解決できるでしょう。

不用品が出たときに回収業者を利用する方は多くいます。その際には、回収できるものとそうでないものをあらかじめ知っておくことが大切です。 不用品回収できるかどうかお困りの際はクリーンアースにお問い合わせください。