「福岡方式」って一体何?世界のゴミ問題を解決できるその方法とは

ゴミ処理技術には、福岡市と福岡大学が開発した、福岡方式というものが存在します。このシステムは世界的にも普及しているものであり、世界のゴミ問題を解決できる方法とまで言われています。その福岡方式とは、一体どのようなものなのでしょうか。

福岡発のゴミ処理技術「福岡方式」とは

1970年代に開発された福岡方式ですが、不燃ゴミの埋め立てを準好気性埋立構造にして、不燃ゴミから出る汚水や有害物質を減らすことが可能なゴミ処理技術となっています。システムとしては、ガス抜き管を設置し空気の通り道を作り、微生物によって悪臭と汚水を分解するような構造となっています。このシステムは、維持費などが安いため、世界でも普及しており、地球温暖化の対策方法としても国連から認定を受けるほどのものとなっています。

ゴミを仕分けることと廃棄物の分解を促すことがポイント

福岡方式では、微生物によってゴミが分解されます。そのため、生ゴミとプラスチックやビン、缶などを事前に仕分け、分解しやすいようにする必要があります。そのため、ゴミはまた、ゴミが大量に出ないようにするのも、ゴミ問題を解決する方法のひとつです。いらないものがあった場合、即座に捨てるのではなく、再利用可能なものや、リサイクルできるものはすると言った点を意識してください。例えば、引越しや部屋の掃除などで大量の不用品が出たとします。その際に何でもかんでもまとめて捨ててしまうのではなく、リサイクルできるものはリサイクル業者や、不用品回収業者などに持って行ってもらうのもよい方法です。

ひとつひとつの家庭のゴミ問題を解決することで全体の解決につながる

現在、ゴミ問題は地球温暖化などの問題もあるため、一人一人が真摯に向き合わなくてはならない問題です。どの家庭でも、些細なものであろうとも、即座に捨てるのではなく、リサイクルや不用品回収を行い、ただの廃棄物にならないように心がけてください。一人が行なって解決する問題ではありません。多くの家庭が同様に取り組み、全体の解決に繋げなくてはならないのです。また、忙しいシーズンに引越しをしなくてはいけなくなったときには、不用品回収のサービスを受けることで時間も手間も大幅に削減できます。常に取り組みをするのは困難かもしれませんが、気づいたときや多くのものを処分する必要があるときは簡単に捨てない方法を選択すると、ゴミ問題の解決へと向かう可能性も出てくるでしょう。

まとめ

福岡方式は、多くのゴミ処理場で採用されている画期的な方法です。日本から世界へ広まってゆくシステムですが、このシステムだけでゴミ問題すべてが解決できるわけではありません。そのため個々がゴミ問題にしっかりと取り組むのが今後必要とされることとなるでしょう。

まずは目の前のゴミを整理したい…と思ったら不用品回収のクリーンヘルスへお電話を!