刀や銃は不用品回収できる?発見時の対応と処分方法

遺品を整理しているときに、思わぬものを発見してしまったということをしばしば耳にします。故人の趣味で大切に保管されていたものが、刀や銃であった場合、その家族が同様の趣味を持っていない限りどのように対処していいのか困ってしまいます。実際に発見した場合どのように対応や処分をしたらよいか把握しておくと万が一のときに役立ちます。

遺品整理中に刀や銃を発見!まず確認すべきは登録証の有無

遺品整理中に刀や銃を発見した場合は、慌てずに登録証があるか探してください。「銃砲刀剣類登録証」というもので、銃刀法で定義されている刀や銃を所持するために必要な登録証です。これがない状態で所持を続けてしまうと処罰を受ける可能性があるため、発見した場合は所轄の警察署に相談してください。その際に、遺品整理で出てきた旨を伝えると、担当の方からどのように手続きをすればよいのか教えてくれます。もし、登録証が出てきた場合は所持や譲渡、売買などが可能となっています。所有者が変わった場合には変更届を出すことさえ忘れなければ問題ありません。

模造刀やモデルガンなら不用品回収が可能なところもある

中には、本物ではなく模造品をコレクションしている方もいるはずです。模造刀やモデルガンであれば、不用品回収や買取を行なってくれる業者が福岡にもあります。処分に困った場合は、回収可能な業者を探して回収してもらうのを検討してみるのもよいものです。自身で処分するとなると、粗大ゴミなど、自治体で定められている方法で処分する必要があります。特に粗大ゴミとなると、日時の指定があるため、すぐに出すことができずに時間と手間がかかってしまいます。そのようなときには不用品回収を行なってもらうとすぐに解決できるかもしれません。

不用品の処分に悩んだら専門業者へ相談を

遺品整理を行なっていて、どうしようと悩んでしまうものがいくつか出てくる場合があります。そんなときは悩まずに、専門業者へ相談してみてください。業者によっては回収できるものとできないものがありますが、それらも含めて相談に乗ってくれるので頼もしい限りです。特に専門的なものや、処分に困るものがあるときには、遺品整理の実績も多い業者であれば安心して任せられるはずです。急なことであれば、やらなくてはならないことも多いため整理まで手が回らない場合もあるでしょう。プロフェッショナルが控えているのでまずは相談をおすすめします。

まとめ

遺品整理で意外なものを発見したとき、困ってしまう方も多くいます。そのような場合は、悩まずに専門業者へ連絡を。

不用品の分別に困ったらクリーンヘルスにご相談ください。