法人の不用品処分の注意点

個人だけでなく、法人の中にも大量の不用品処分を希望される方は多く、その方法で悩んでいる方もまた多いようです。法人が不用品回収を利用する場合、個人の場合に比べゴミの種類も異なる為、注意すべき点も異なります。そこで今回は、法人が不用品の処分をする際に気をつけるべき注意点について解説したいと思います。

会社は移転やリニューアルに伴い、多くの不用品が出ます

法人の場合、移転やリニューアルに伴い多くの不用品が出ます。特に事業の拡大等を理由とする移転、リニューアルにおいては、従来の業務における無駄を省く必要がある為、不用品も自ずと多くなってしまう事でしょう。このような不用品の中には、そのまま処分しても問題ない備品等のゴミが多い一方で、会社の機密情報に関わる等の理由から、慎重な取り扱いが要求されるゴミもまた多いと言えるでしょう。続いては、慎重に取り扱う必要のあるゴミの処分方法について解説します。

不要になったPC・書類は処分の際の情報漏えいが心配…

会社等から排出されるゴミの中でも、前項で紹介したような慎重に取り扱う必要があるゴミとしてはPCや書類等を上げる事ができ、その処分方法で悩んでいると言う方も多い事でしょう。これらのゴミを処分する際には、PCはハードディスクを破壊し、内部のデータを完全に復元不能な状態にしてしまうのが良いでしょう。また、重要な書類の場合は、シュレッダー等を利用し、解読ができない状態にして処分するのが効果的です。不用品処分時における情報漏えいを防ぐためには、このような個人でできる対策も徹底して行う必要があると言えるでしょう。

セキュリティ対策に配慮した専門業者、だからこそ安心して依頼できます

一方で不用品回収業者を利用する際には、上述したようなPCや書類等の処分時におけるセキュリティ対策に配慮した専門業者を選定する必要があります。特に、種類ごとのゴミの取り扱いに拘りがなく、PCや書類等の不用品もその他のゴミと同じように処分している業者は注意が必要です。その為、不用品回収業者を選ぶ際には、ホームページ等をよく比較し、オフィス移転等に伴う不用品の取り扱いに対する拘りが窺えると言う点を重視するべきと言えます。オフィス移転の実績も豊富なクリーンアースでは、PCや書類等の不用品の取り扱い方法にも熟知しています。

福岡でオフィスの移転やリニューアルを行なう際は、ぜひ一度クリーンアースへご相談ください。