大切な人が亡くなってしまった!ありがちな遺産の問題や遺品の片づけ方

もめたくはなくても、もめてしまうのが遺産相続です。遺産相続には期限が定められているので、親族同士でもきちんとしておかないと後でもめてしまう場合もあります。遺品整理においても遺産相続に関係する事もあるのでしっかりしましょう。

親族間でもめてしまうことも?遺産に関するよくあるトラブル

遺産相続問題で、親族でトラブルになるケースは多くあります。いままで仲の良かった兄弟も遺産問題で絶縁というケースもすくなくありません。
よくあるトラブルに下記があげられます。

・兄弟の遺産分割の割合によるトラブル
これはよくあるケースで、兄弟間で割合が違っているためにもめることが多々あります。こうならないためにも、生前にきちんと話し合っておくとよいでしょう。
・土地・不動産に関するトラブル
土地や不動産は簡単に分けることが出来ないので、トラブルの対象になりやすいです。
・相続人の一人が遺産を独占してしまう
これは長男などに多く見られるのですが、家を継いだり、介護をしていたりなどの理由から、遺産を独り占めしてしまうケースです。遺産は故人の意志が反映されるのですが、遺書などがない場合、このようなトラブルが発生します。

思い出があると処分できない!遺品の片づけ方

故人の思い出があるものは処分するのに気が引けてしまいます。生前に少しずつでも整理することが出来ればいいのですが、それも難しいです。遺族が遺品整理をする場合、思い出の品でも洋服は1点、本も1点など1つのアイテムにつき、1つだけ残すなど、遺族でルールを決めたりすると片づいていきます。そして生活品などは思い切って捨ててしまいましょう。

あれもこれも残してしまうと、いつまでたっても片づきません。遺族だけではどうしても進めない遺品整理はプロに依頼するのもいいでしょう。いきなり処分することはなく、きちんと遺族とヒアリングしたのちに、遺品の劣化状態などをみて判断してくれるので、安心です。

遺産問題回避や遺品の処分にお悩みでしたらプロの遺品整理に相談を!

遺産問題は親族だけでおこないたいものですが、親族だけで話をすると泥沼に陥ってしまう場合もあります。プロに相談すれば専門的な第三者の意見をもらえるので、問題回避になります。法律問題などは一般的な知識では難しいので、プロに相談してみるのがいいでしょう。

遺品の処分においても、遺族だけでおこなうのはとても負担が大きいです。同居していた場合は、遺族でもできるかもしれませんが、同居ではなく、遠くに住んでいる場合などは、遺品整理だけではなく、引っ越しなども必要になってくるので、とても大変な作業になります。遺品整理と一緒に引っ越し、処分など、一緒におこなってくれるプロに相談するのがいいでしょう。

親族でもめたくはなくても、もめてしまうのが遺産問題や遺品整理です。そしていちどもめてしまうとなかなか元のように仲良くなるのは難しいです。そうなる前にプロに相談しましょう。福岡にある不用品回収業者は遺産問題、遺品整理の実績が多数あります。

大切な人が亡くなって遺産や遺品の処分についてお困りでしたら福岡にて不用品回収を行うクリーンアースにご相談下さい。