不用品回収で相続問題が解決する!?遺品整理のコツと依頼方法

遺品整理を行なっていく上で、相続問題が発生することがしばしばあります。特に今までそのような経験がない方が知識も乏しいまま遺品整理を行なってしまうと、負の遺産などを相続してしまう可能性も発生するからです。そのようなことにならないためにも、知識を身につけておくことが必要です。

相続の種類別の遺品整理方法(単純承認、限定承認、相続放棄)

相続には種類があり、その種類によって遺品整理の方法が異なってきます。何も手続きを取らずに、遺品整理をしてしまうのは危険です。特に、相続放棄を考えている方は、遺品整理を行なってしまうと、相続放棄出来なくなってしまいます。これは、相続するものなどを処分してしまうと、単純承認とみなされてしまうからなのです。単純承認をしてしまうと、プラスの遺産もマイナスの遺産もすべて相続することになります。そのため、勝手に処分することや、だれかに言われたからといって即座に着手してしまうのも考えものです。相続放棄をする方は、遺品整理を行うことがNGとはされていませんが、影響の出ない範囲内であればよいとされているのですが、その範囲がとても曖昧です。ですから、相続放棄を考えている方は、整理などをしない方が懸命と言えます。また、限定承認はプラスの遺産のみ相続できるというものですが、これには相続する人すべてが限定承認を行う必要があります。これらのことから、まずは遺品整理をする前に、どのような相続を行うかはっきりとさせてから着手するようにしてください。

相続放棄をしても遺品整理が必要になる場合もある

たとえ相続放棄をした場合でも、遺品整理が必要とされるケースはここ福岡でも耳にします。孤独死していたなどといった理由で、近隣に迷惑をかけないためにも遺品整理や特殊清掃を早めにすませなくてはならないケースもあるかもしれません。また、住んでいた家屋が賃貸だった場合、そのまま放置しておくと家賃もかかってしまうため、早めに対処したいと考える人もいます。こういった事情で、相続放棄をしたとしても遺品整理が必要になる場合があるのです。

知識がないまま遺品整理をするのは危険!専門業者に相談を

事情があるにしろ、知識がないまま遺品整理をしてしまうのは危険です。処分してしまったものが、価値のあるものであれば、相続放棄を希望していたのに、単純承認となる恐れがあります。そのようなことを回避するためには、専門業者に相談するのが一番です。専門業者であれば、遺品整理の経験も豊富なので、依頼人の意を汲んだ作業が可能です。

まとめ

知識がないまま遺品整理を行い、自分が意図した相続と異なってしまうのは防ぎたいところです。不用品回収の専門業者であれば、そのような問題を解決してくれます。

遺品整理も兼ねた不用品回収はクリーンヘルスにお任せください!