これは産業廃棄物になる? 処理は不用品回収業者に依頼してよいのか

家庭や事務所をすっきりとさせるために大掃除をすると不用品がかなりたくさん出てくるのは珍しくないことです。その中には単なるゴミとして捨ててしまっていいものか悩むものもたくさんあるはず。
自分で処理しきれない物はプロに相談していただくのがいちばんです。

産業廃棄物と一般廃棄物との違いとは

廃棄物は「産業廃棄物」と「一般廃棄物」とに細かく区分されています。一般廃棄物というのはいわゆる家庭から出るゴミだと考えていただいていいでしょう。ですからお住まいになっている各市町村の決まりに従って普通に捨てれば問題ありません。
これに対して産業廃棄物というのは、政令で定められた20種類の廃棄物のことを指します。産業廃棄物に該当するのは「燃え殻」「汚泥」「廃油」「廃酸」「廃アルカリ」「廃プラスティック」「金属くず」「ゴムくず」「ガラスくず、コンクリートくず及び陶磁器くず」「鉱さい」「がれき類」「ばいじん」「紙くず」「木くず」「繊維くず」「動植物性残さ」「家畜ふん尿」「家畜死体」「政令第13号廃棄物」ですが、中には一般廃棄物として捨ててしまっていいのかそれとも産業廃棄物扱いになるのか判断が難しいものもあります。

産業廃棄物の処理には許認可が必要!許認可の確認を

産業廃棄物は普通の家庭ゴミとして捨てることができませんから、許認可を取る必要があります。許認可の申請方法はそれぞれの市町村によって若干違いますので、居住している地方自治体で確認しなければなりません。
福岡市にお住まいの場合には筑紫保健福祉環境事務所(西区、早良区、城南区、南区)か宗像・遠賀保健福祉環境事務所(東区、博多区、中央区)に問い合わせ・書類提出を行うことになります。
ただし、申請の際には申請書の他に住民票の写しなどを提出しなければならないなど手続きがかなり煩雑ですから、産業廃棄物が定期的に大量に出る会社でない限りはプロの業者に回収してもらったほうが簡単です。

産業廃棄物の不用品回収はプロに依頼するのが安心!

産業廃棄物が溜まってお困りの際に、最もスムーズな解決法はやはりプロの不用品回収業者に依頼されることです。そうすれば「これが一般廃棄物なのか産業廃棄物なのか判断がつきかねる」といったゴミもまとめて業者が回収しますので、手間がを確実に省くことができます。
ただし、ここで注意しておきたいのは不用品回収業者の中には産業廃棄物の一定の種類の許可を取っていないところもあることです。ですからポストにチラシを投函している業者にあわてて回収を依頼せずに、あらかじめどんなゴミを捨てたいかを伝えることも大切です。

私どもは無料で24時間お見積りをさせていただいておりますので、産業廃棄物の不用品回収でお困りなら福岡のクリーンアースにご用命ください。