家具の買い替えと同時に、不用品処理を依頼するのがオススメ!

引っ越しなどのきっかけがなくても、古くなった家具や家電を買い替えたくなる事はあるでしょう。しかしながら、特に広いスペースを占有する家具を購入する際には、古い家具の処分方法まで十分に考えなければなりません。今回は、福岡県において、そんな家具を買い替える際に注意する必要がある古い家具の処分方法について解説します。

新しい家具の置き場所は確保できていますか?

家具を買い替える際には、実店舗で購入するか、通販で購入するかに関わらず、詳細なサイズを測り、家の中でどれくらいのスペースを占有するかシミュレーションしなければなりません。その為、大前提として、新しい家具の置き場所は決めておかなければならないでしょう。また、スペースの詳細な広さを把握する為には、古い方の家具を早めに処分した方が良いケースもあるので、日数に十分な余裕をもって買い替えをする必要があります。

不用品は処理するのに意外と手間がかかる

処分をする古い家具は、自治体の取り決めや家具自体のサイズにもよるものの、ほとんどの場合粗大ごみ扱いとなり、回収は有料となります。その為、ゴミ捨て場に出す際に必要となるステッカーの購入や、ごみ処理センターへの収集依頼、さらにはゴミ捨て場まで自力で運ばなければならないなど、様々な手間がかかってしまうケースが多いのです。また、収集日が限定されているうえに、一日に回収できる量が決まっていると言うケースも少なくない為、引っ越しシーズンなどには、回収の予約自体がとりづらいと言ったデメリットもあります。

不用品回収業者なら、新しい家具の到着日時に合わせて回収が可能

一方で不用品回収業者の場合、十分な人員を確保しているので、引っ越しシーズンなどにも、ほぼ間違いなく希望した日時に回収を依頼する事が可能です。その為、新しい家具の配達日時に合わせて古い家具を回収してもらうよう依頼をしておけば、家具を処分し、新しい家具が届くまでの期間に不便をする事もないでしょう。また、不用品回収業者の場合、部屋から不用品を運び出してもらえる為、ゴミ捨て場まで自力で運ぶと言った手間も省くことができます。

不要な家具の処分には金銭的な負担だけでなく、自力で家具を運ばなければならないと言った負担もかかる為、特に高齢者だけの世帯や女性だけの単身世帯では、困難を極めると言わざるを得ないでしょう。

また、特に大型家具の買い替えは、引っ越しのように時間や体力の負担がかかる事もあるので、時間帯の指定などの融通が利く不用品回収業者に古い家具の回収を依頼するのが最も効率的と言えるのです。

福岡の不用品回収は、クリーンアースまでお気軽にご相談ください。