遺品整理で不動産も一緒に整理!不用品回収と売却に必要な手続きは?

家主が亡くなり、遺族がその家に住まなくなった場合、遺品整理だけでなく不動産の整理も必要になってきます。住まなくなった家は、放置していくと徐々に劣化して、価値が下がるだけではなく、近隣に迷惑が掛かってしまう場合もあります。きちんと遺品整理と一緒に不動産整理をしましょう。

不用品回収だけではない!不動産売却には家屋解体後も必要!

不用品を回収してもらってから家屋を解体してもらうだけで終わりではありません。解体後、更地になった土地は、家が建っていた時よりも多くの税金がかかってしまいます。そのために、解体せずそのまま、空き家の状態で放置している家が増えているのです。更地にした土地は売却したり、マンションなどを建てたりして、家賃収入などを得ることもできますが、最近ではコインパーキングなどにして、収入をえるケースも増えています。

土地売却などの法律の問題は親族だけではなかなか判断の難しい問題です。その場合は、親族だけで判断せず、プロに相談して、きちんとした意見を聞き、損や後悔の無いようにしましょう。

売却まで手間がかかる!不動産売却に必要な手続きは?

相続した不動産を倍売却するには、必要な手続きがあります。それは相続登記とよばれるもので、所得者の名義を故人から、変更することです。この手続きをしなければ、不動産が売却できなくなったり、将来、相続人が増える可能性があったりします。きちんと手続きするようにしましょう。

そしてすぐに売却できるわけではありません。相続人が複数いる場合、換価分割と呼ばれる方法で、相続分を決め、実際に手続きのできる相続人をひとり選びます。そして、名義を変更し、不動産会社に依頼して売却手続きを行います。ここまででももめたりすると時間がかかってしまいますし、売却後にはこれを相続人に分配する時間もあるのです。

手間も時間もかかる遺品整理に伴う不動産売却には専門家の力を借りましょう!

ここまでの作業や手続きを遺族だけでおこなうには手間も時間も多くかかってしまいます。遺品整理だけでも故人の意志を尊重し、思い出の品の処分などに頭を使い、なかなか作業は進みません。これに不動産の売却も加われば、考えるだけでも多くの時間がかかることは容易に想像できます。福岡の不用品回収業者は遺品整理から不動産の売却まで多くの実績があります。

ひとつひとつバラバラの業者に頼むと、作業スケジュールを組むだけでも大変になってしまうでしょう。すべての業務をおこなうことができます。手間と時間の短縮だけでなく、お金の面でも安心してご利用いただけます。

遺品整理に伴う不動産売却の問題は遺族だけではなかなかスムーズに進まないのが現状です。遺品整理の不用品回収と併せて不動産売却も行う場合は福岡の用品回収業者クリーンアースにご相談下さい!