仏壇・位牌ってどう処分する?不用品回収の活用のススメ

仏壇や位牌の処分を考えたとき、すぐにゴミとして処分してしまおうと思える人は少ないでしょう。なかなか気持ちの整理がつかないという場合も多いはずです。処分をするために何が必要か、どこへ依頼すればよいのかということもわからないという人もいるかもしれません。今回は、仏壇や位牌を処分するための準備や、処分方法についてお話しします。

仏壇を処分する前の準備:開眼供養を

仏壇を処分するにあたり、必ずやらなければならないのが閉眼(へいげん)供養です。閉眼供養とは、仏壇に宿っているご先祖様の魂を抜くための儀式のことをいいます。仏壇を購入した際は、仏壇に魂を入れるための開眼供養という儀式をおこなっているはずです。開眼供養で宿ったご先祖様の魂を仏壇から抜かないまま処分してしまうと、行き場をなくした魂がさまよってしまうといわれています。仮に購入時に開眼供養をおこなっていなかったとしても、仏壇には自然に魂が宿るとされているため、閉眼供養をした方がよいでしょう。また、閉眼供養は、処分する人の気持ちを軽くする意味もあります。閉眼供養で魂を送ったら、それ以降はお墓参りなどで供養を続けましょう。福岡でも仏壇の処分を考えている人がいると思いますが、仏壇の処分の前には閉眼供養を忘れずにおこなうことが大切です。

位牌を処分する前の準備:弔い上げ

故人が亡くなってから決まった年数が経つと、「○回忌」のような年忌法要をおこないます。しかし、遺族が高齢になると年忌法要を続けることは容易でなく、どこかを区切りとして年忌法要をやめることを考えることもあるでしょう。そのため、年忌法要をやめると決めたときに、位牌を処分するケースが多いのです。切りのよい33回忌や50回忌を最後に、年忌法要をやめることを弔い上げといいます。弔い上げの方法として主なのは、仏壇の位牌を片付け、先祖代々の位牌に合祀するというものです。また、通常は四十九日法要の際に、位牌にも魂を入れる儀式をおこなっています。処分する前に、仏壇同様に位牌からも魂を抜いてもらう必要があります。福岡でも位牌の処分を考えているなら、これらの儀式をしっかりおこない、心残りのないようにしましょう。

仏壇や位牌の正しい処分方法

仏壇の処分方法としてもっとも安価なのは、粗大ゴミとして処分することでしょう。木製の仏壇の場合は、ほとんどの自治体で粗大ゴミとして回収してくれますが、回収のルールについては各自治体によって異なりますので確認が必要です。粗大ゴミとして出す場合は、事前に閉眼供養を済ませるようにしましょう。処理料金が割高にはなりますが、仏壇・仏具店に処分を依頼することもできます。店によっては閉眼供養もまとめてやってくれる場合もありますが、対応にはばらつきがあります。仏壇・仏具店に処分を頼む際には、お寺と提携している店やきちんと処理したことを示す証明書を発行してくれる店を選ぶようにしましょう。仏壇を処分する方法でもっとも安心できるのは、お寺に処分を依頼するというものです。お寺に頼む場合は、閉眼供養から処分まで引き受けてくれる場合が多いでしょう。ただし、処分代金が不透明で高額を請求される場合もあるというデメリットもあります。また、位牌は故人への思いの詰まったもののため、ゴミに出すのは避けましょう。魂抜きをしてもらった後の位牌はお焚き上げをして処分します。これは故人の魂や思い出などを神聖な火として天界へ返すための儀式です。お焚き上げは、お寺に直接依頼することもできますし、仏壇・仏具店や供養業者を介して頼むことも可能です。このように、仏壇や位牌を処分するには、弔いのための儀式などが必要なため、すべて自分で手配するのは大変かもしれません。処分方法もいろいろあり、何がよいのか迷ってしまうことも多いのが現状でしょう。

まとめ

仏壇や位牌を処分することに抵抗を覚える人も多いでしょう。仏壇や位牌を処分する前に、魂を抜いてもらう閉眼供養をおこなうことは、遺族にとっても気持ちを軽くする重要な意義があります。このような手順を踏んだ後、仏壇・仏具店や寺などに引き取りを依頼しますが、処分費用が不透明であったり、依頼先を決めるのに苦労したりすることも多いかもしれません。遺品整理士がいる不用品回収業者などは、仏壇や位牌の扱いについても詳しいため、大切な仏壇や位牌を適切に扱うことが可能です。閉眼供養などの儀式も一度に依頼することができる場合もあるので、遺族が高齢であれこれ手続きをするのが難しいケースにも大変便利です。仏壇や位牌の福岡で仏壇や位牌の処分にお困りの際はクリーンアースへ。