深夜に行われる福岡のゴミ収集!メリット・デメリットは?

福岡ではごみ収集を深夜に行なっているのをご存知でしょうか。その際に生じるメリットやデメリットは一体なんなのでしょうか。深夜に行うようになった歴史についてもご紹介します。

福岡ではゴミ収集は深夜!夜間収集の歴史

現在ではごみ収集は専業で自治体が行なっていますが、以前他にも職がある方たちによる兼業で行われていました。明治から昭和初期にかけて家庭から出されたゴミの多くは農作業で使用する肥料や家畜の飼料に利用されていたので、農業者によって収集されることもあったのです。また、収集者は兼業であったため、本業の前の早朝に行われていました。そこから三輪車が普及し始めたことにより、夜間での収集作業が行えるようになったのでゴミの収集も夜間に行うことになりました。また、深夜に行うことで車の渋滞を緩和することにもつながり、収集作業が効率よく行うことが可能になったので、現在まで定着したようです。

夜間のゴミ収集のメリット

夜間のゴミ収集のメリットのひとつが、慌てて朝に出す必要がないことです。朝は慌ただしく準備する方も多いので、ゴミ出しだけでもちょっとした手間になります。前日までは覚えていたので、いざ朝になると出すのを忘れてしまったりすることもあるでしょう。それが夜間になることで慌てずに済みます。時間に余裕がある方が多いので、忘れてしまうことも少ないといえます。また、ゴミの周りに集まりやすいカラスの被害に合わないというのも夜間のゴミ出しのメリットでしょう。カラスは朝に活発に動くので、エサをめがけてゴミを荒らす確率が非常に高いです。ゴミが散らかされるとその周辺が汚れ臭いもきつくなるので、夜間にすることで防ぐことができます。

夜間のゴミ収集のデメリット

夜間のごみ収集のデメリットは、まずゴミ収集車の騒音があげられるでしょう。深夜となると音が響きやすく、収集車の音や作業員の声がうるさく聞こえてしまい、苦情につながることもあります。睡眠に影響する場合もあり、特にゴミ収集場に近い場所に住んでいる方や赤ちゃんがいる家庭では気になってしまうことが多いでしょう。また、仕事をしている方の中には帰りが遅くなってゴミを出さずに終わってしまう方や、友人同士での集まりがあって帰宅時間が遅くなり、ゴミ出しができないという方もいます。そのため、一人暮らしの方にとってはゴミ収集の時間に合わせてスケジュールを立てなければいけないこともあるのです。不用品がある場合は、ゴミもまとめて回収するので不用品回収業者に依頼するといいでしょう。

まとめ

福岡では深夜にゴミ収集作業が行われており、それに合わせて出す必要があります。福岡でご自身のタイミングに合わせた不用品回収をしたい方は、是非ともクリーンアースにご相談ください。