介護施設への入退去時の家財整理のコツ。自宅とどう違う?

介護施設に入居する高齢者が増える中、介護施設へ入退去するときの片付け方法がわからなかったり、わかっていても自分でおこなうことが難しいと感じていたりする方も多いかもしれません。今回は、介護施設入居時に不要となる家財の処分方法、介護施設退去時の私物の処分方法についてお話しします。

介護施設入居時に不要になる家財と処分方法

介護施設に入居する際には、入居する介護施設の種類や部屋の大きさなどにより、持ち込める荷物の量が決まります。まずは入居する施設の指示を確認し、施設に持ち込む荷物をまとめます。介護付有料老人ホームなど、家具を持ち込むことができるような施設に入居する場合には、家具を運んだり多くの荷物を持ち込んだりすることも考えられます。その場合は引越し業者を手配し、荷物を運んでもらう必要があります。その後、思い出の品などどうしても処分できないものを選別します。残りの家財は自治体の定めるルールに従い、大型のものは粗大ゴミに出したり、細かいものは適切に分別し通常のゴミに出したりします。福岡でも介護施設入居を控えている人も多いと思いますが、すべての家財の要不要を選別し、分別して処分する必要があるため、高齢者が自身でおこなうには限界があるかもしれません。

介護施設退去時の私物の処分方法

福岡でも介護施設を退去するときのことを不安に思う人も多いと思いますが、介護施設退去時には、私物の回収、整理をおこなう必要があります。残念ながら入居者が亡くなってしまった場合には、遺族が部屋の整理や私物の処分をおこないます。始めに、部屋の中の私物のうち、貴重品を仕分けて確保します。次に必要なものと処分するものを選り分けて、必要なものは運び出します。不用品に関しては、自治体のルールに従って粗大ゴミ、可燃ゴミなどに分別して処分します。大量のゴミが出る場合には、自治体の処理場に直接持ち込む必要が出てくるかもしれません。自宅の片付けと異なる点は、期限が決められていることです。自宅の片付けであれば時間をかけておこなうことも可能ですが、介護施設の片付けの場合は、施設が指定する期限までに片付けを終わらせなければならないため、急いで私物の処分を行う必要があるところです。

介護施設の入退去時の家財整理は不用品回収が便利

介護施設に入居する場合は、大量の家財を選別したり処分したりする必要があります。加えて、引越しの準備もおこなわなければなりません。家族の助けを借りるにしても、高齢者が自分で家財の整理をおこなうことは大変なことです。介護施設の退去時も、家財の整理は限られた時間の中でおこなう必要があり、高齢者やその家族が自分たちだけですべておこなうことは困難といえるでしょう。不用品回収業者は、家財の整理や大量の不用品の分別・回収を一度におこなうことが可能なので、入居者の負担を大きく減らすことができます。介護施設の入退去時の家財整理をスムーズに終わらせるためには、不用品回収業者を利用するのが便利です。

まとめ

介護施設の入退去時には、多くの家財の整理や処分が必要となります。限られた人手や時間の中で、不用品の分別や処分をおこなうことは大変な作業です。不用品回収業者なら、家財の要不要の選別から不用品の分別・回収まで一度におこなうことが可能で、とても便利です。クリーンアースでは福岡の介護施設の家財整理も承っております。