オフィスのパソコンの処分方法!不用品回収に出すべき?

オフィスの引越しなどで、パソコンや周辺機器を処分しなければならない場合があります。しかし、不要なパソコンはどのように処分すれば適切なのでしょうか。理由も合わせてご紹介します。

パソコンをそのまま捨ててはいけない理由

オフィスの引越しや新しい電子機器の入れ替えなどで、不要なパソコンを処分しなければいけない場合があります。しかし、資源有効利用促進法が制定されたことにより、パソコンを自治体で廃棄することはできなくなりました。またその後、小型家電リサイクル法が制定されたことで、使用済みの小型家電は回収してリサイクルとして新たに再利用することが推進されるようになったのです。そのため、パソコンを処分したい場合はゴミとして廃棄するのではなく、再利用品として適切に対処する必要があります。万が一この法律を破って、勝手に廃棄するとなると、廃棄物処理法に違反することになるので注意しましょう。

パソコン廃棄の方法①メーカーに回収してもらう

パソコンを処分したい場合は、メーカーに回収してもらう方法があります。資源有効利用促進法により、パソコンを販売するメーカーには、不要なパソコンを回収しリサイクルをする義務が与えられています。メーカーに回収されたパソコンはリサイクルセンターに送られ、そこで使用できるものの選別や分別、分解などを行い新たにリサイクル品として再生し、利用されていくのです。パソコンとして再利用できない場合でも、再資源化業者原料として再度使用できるように細かく分解して、生産工場に運び、無駄にならないようにしています。また、メーカーにパソコンを回収してもらう場合は、あらかじめデータ消去をしておくことが大切です。

パソコン廃棄の方法②不用品回収業者に回収してもらう

不要なパソコンを廃棄したいときは、不用品回収御者に依頼するのも方法のひとつです。不用品回収業者であれば、オフィスまでパソコンを回収しに行くので自分たちで持っていく必要がありません。オフィスで使用するようなデスクトップパソコンは大きくて重いので、ひとつでも運ぶのに大変な労力と時間がかかります。また、どのメーカーであっても対応しているので、いちいち確認する手間も省けるといえます。パソコン以外にも不要なものがあれば同時に回収することもできるので、とても簡単に引越しなどの作業ができるでしょう。どのように処分したらよいのかわからない場合も、気軽に相談していただけます。

まとめ

福岡でオフィスのパソコンを処分したい場合は、不用品回収業者に依頼することで素早く適切に対処できます。移転に伴う不用品回収を福岡で検討中なら、クリーンアースにご相談ください。