大切な人の突然の死!亡くなった後に必要な申請や手続きは?

ご家族など大切な方が無くなり悲しみの中でも、やらなければいけない申請や手続きがあります。この手続きを忘れてしまうと後で大変なことになってしまうケースもありますので、ひとつずつ確認していきながら作業することが必要です。

大切な人が亡くなったらなるべく早くにしなければならない公的手続き

死亡届の提出後、年金や健康保険関係など会社や役所を通してやらなければいけない公的手続きがあります。
「年金受給停止の手続き」「介護保険資格喪失届」「住民票の抹消届」「世帯主の変更届(故人が世帯主であった場合)」これらは14日以内に手続きをする必要があるのです。

「雇用保険受給資格者証の返還」が1ヶ月以内「所得税準確定申告・納税」が4ヶ月以内 、「相続税の申告・納税」が死亡日の翌日から10ヶ月以内となっています。

この他にも「国民年金の死亡一時金請求」「埋葬料請求」「葬祭料・家族葬祭料請求」「葬祭費請求」「高額医療費の申請」が2年以内、「遺族年金の請求」が5年以内など、あげられます。ひとつひとつ確認しながらおこなってください。

大切な人が亡くなったら必要になってくる各種名義変更や民間保険などの手続き

公的手続き以外にも、各種名義変更や民間保険などの手続きがあります。 忘れてしまいがちなものもありますので、注意しながらおこなっていく必要があります。
「遺言書の検認」「相続放棄(3ヶ月以内、相続財産をすべて放棄する場合)」「生命保険金の請求(2年以内)」「不動産の名義変更」「預貯金の名義変更」「株式の名義変更」は相続確定後です。

忘れてしまいがちなものに、自動車所有権の移転、電話の名義変更、公共料金の名義変更 、クレジットカードの解約、運転免許証の返納、パスポートの失効手続き、などがあげられます。死亡後速やかに行わなければいけないものもあるので、先延ばしにせずおこなうことが必要です。

何からしていいかわからない煩雑な手続きはプロの手を借りましょう

ここにあげたほかにも、医療費い控除や準確定申告、相続税などの税金関係。仕事の関係で亡くなった場合や、故人が会社経営者であった場合などの会社関係の手続きなどもあります。こうしてあげると、亡くなってからやらなくてはいけない手続きが山のようにあります。これをこなさなければ、金銭的な問題だけでなく、故人の思いなども無駄にしてしまう可能性もでてくるでしょう。しかし悲しみの中、このように多項目にわたる手続きを、遺族の方ご自身だけでおこなうには負担が大きく、申告漏れなども発生してしまいがちになります。福岡の不用品回収業者では、このような手続きを、年間数百件取り扱っております。

申告や手続きはいきなり全てを完璧にこなすのはなかなか難しいです。プロの手を借りることをおすすめします。

大切な人が亡くなってどうしたらよいかわからなくなったら福岡にて不用品回収を行うクリーンアースにお任せください!