身内が孤独死をしてしまった! まずすべきことは?

身内が孤独死をしてしまったら、ご遺族はさまざまな手続きを取らなければなりません。まずは警察などへ連絡を取って葬儀などを行うことになりますが、その他にはどのような手続きがあるかを、お話しさせていただきます。

事件性がないかどうか警察への届けが必要

孤独死が発見されるきっかけは、ご本人と連絡が取れない、近隣から異臭がすると通報があるなどさまざまです。その方が本当に亡くなっているか判断できない時には、すぐに救急車を呼びましょう。救急隊員が生死を確認し、病院へ搬送する、あるいは警察に通報するといった対応をします。

すでに腐敗が始まっていた場合は警察に連絡しましょう。警察は事件性の有無を調査するので、警察が到着するまでご遺体に触る、または現場の品に手を触れることは避けましょう。警察が検死を行い、事件、事故、または病死か否かを判断します。

事件性がないと判明した場合、ご遺体をご遺族が引き取るか否かを決めます。引き取る方が決まった場合、亡くなった方の遺品の整理や葬儀の手続きを取ります。また、ご遺体が腐敗していて部屋が汚れてしまったときには、特殊清掃業者に依頼して部屋の清掃を行いましょう。

異臭拡散防止策と虫拡散防止策を取る

家族が同居している場合の孤独死は、亡くなられてもすぐに発見されることが多いので、腐敗が進んでしまうことは少ないのですが、ご遺体が発見されるまで日にちがかかってご遺体が腐敗してしまうケースも多く見られます。

腐敗したご遺体からは腐敗臭や体液が流れ出ますし、ご遺体からウジやハエが大量発生する恐れがあります。とくに集合住宅の場合、異臭や虫はすぐに拡散してしまいますので、近隣住民への被害を最小限に抑えなければなりません。

ます。また、ご遺体が搬出された後も部屋には汚れや虫の他に、臭いが残ってしまいます。残念ながら腐敗臭は、一般的な芳香剤等で除去できるものではありません。

ご遺体が腐敗してしまった場合は、特殊清掃業者による清掃と、異臭拡散防止・虫拡散防止策を依頼しましょう。特殊清掃業者が作業を行うまでの間は殺虫スプレーやバルサンタイプの殺虫剤を部屋に撒き、室内の空気が外に漏れないよう部屋を密閉しましょう。

特殊清掃も行う不用品回収業者に依頼する

特殊清掃業者の中には、不用品回収作業も請け負っている特殊清掃業者もあります。遺品整理として、金品や権利書等の書類を整理し、思い出の品々は大切に扱ってご遺族にお渡しします。不用品については仕分けと回収をお手伝いいたします。

賃貸ならなおさら、早く部屋を元通りにし大家さんに戻さなければなりません。これらの作業は決して素人ができることではありません。

ご遺族の心に寄り添ったサービスをしてくれる業者なら、安心して任せることができます。福岡でのご依頼の場合、福岡のクリーンアースなら時間をかけたカウンセリングで気持ちに寄り添います。