放棄したら取り消しはできない!遺産相続のメリット・デメリット

血縁者が亡くなると、相続人は遺産を相続することになります。貯蓄や有価証券、土地などを相続すれば、相続人の資産も豊かになります。
しかし相続はプラスだけではありません。マイナスの相続も存在します。被相続人が財産ではなく、負債や借金を残している場合です。相続人は、それを返済する義務を負うことになります。

マイナス財産がある時におすすめ!遺産相続放棄した場合のメリットは?

マイナスの資産を相続してしまった場合、返済することで相続人や家族の生活が不安定になってしまうかもしれません。このような場合、遺産相続を放棄すると、その返済義務から免除されます。

また兄弟が相続人になり、自分が相続しない場合には、相続人の兄弟に相続した財産を名義変更しなくてはなりません。銀行口座、有価証券、土地など複数の財産がある場合、それぞれに対し印鑑証明やサインなどの手続きをする必要があります。このような場合にも、はじめから遺産相続を破棄してしまえば、その煩雑な手続きからも解放されるのです。
このように、遺産相続放棄には、相続人の生活や利益を守るという大きなメリットを持ちます。

放棄したらプラス財産が出てきても受け取れない!遺産相続放棄のデメリットは?

しかし、遺産相続放棄にはデメリットもあります。それは、いったん放棄すると、その後、同じ被相続人からは一切相続できなくなるということです。
つまり、マイナスの財産があるので財産を放棄した場合、その後、負債を上回るほどの大きな財産があると判明しても、それを相続することはできなくなります。

また負債の相続の場合、自分が相続を放棄すれば、その相続の権利は、新たな相続人に移動します。言い換えれば、負債を別の血縁者に押し付ける結果になってしまうのです。それが原因で血縁者との人間関係が悪化してしまうことになりかねません。
このように、後で放棄を撤回できない、相続権の移動が発生する点が、デメリットと言えます。

遺産相続放棄の前にプロの調査で財産を調べてみましょう

このように、自分が遺産相続の権利がある場合、その財産を相続した方がいいか、放棄した方がいいかは、財産の内容を精査したうえで決定する必要があります。また放棄する際にも、一切の権利を放棄する「相続放棄」と、個別の財産に関し放棄する「遺産放棄」とがあります。どのようにすればいいかという高度な判断は、弁護士や司法書士など法律のプロに相談するといいでしょう。

また相続放棄したとしても、遺品整理しなければならない場合もあります。被相続人が賃貸物件で生活しており、その物件を早急に明け渡す必要がある場合。近所からゴミや悪臭などの苦情が寄せられている場合などです。しかし遺産相続放棄した後では、故人の遺品に手を付けることができなくなります。このような場合には、不用品回収を専門に行うプロの「遺品整理サービス」を利用すればすべて解決します。

遺産相続と、相続を放棄した場合のメリットとデメリットについて解説しました。たとえ相続を放棄した場合でも、遺品整理の必要性が出てくることがあります。福岡県内でこのような問題が発生した場合、ご相談ください。

遺産相続放棄による不用品廃棄の際は福岡で不用品回収を行うクリーンアースにおまかせ下さい。