相続を放棄するなら不用品回収依頼はNG?知っておきたい法律

遺族などが、不用品を捨てたり、自分たちでは難しいからという理由で不用品回収依頼をしたりすることは、将来的にありうることです。しかし、相続内容によっては、相続放棄も考えている方もいるでしょう。そのように検討している場合、不用品を片付けてしまうと相続放棄を行えなくなってしまう場合もあります。

不用品の片付けを出来るのは相続権を持っている人だけ

血縁者が亡くなり、住んでた家を退去したり、貸し出したりしたりする予定の場合、早めに遺品や不用品の整理を行いたいと考えている人も多いはずです。ですが、不用品の片付けを行える人間は法律上限られており、相続権を持っていない人が行えないのです。遺品は、家具や日用品、資産として価値があるものなどが対象となり、不用品となりうるものであっても、相続の対象になります。そのため、相続権を有する人が残されたものを片付けたり、不用品回収の依頼を行なったりすることが可能となっているのです。

勝手に遺品整理を行うと「単純承認」として扱われる

相続放棄を考えている人であっても、不用品になるはずだからといっていらないものを捨てたり、片付けたりするのは、単純承認として扱われ、相続放棄ができなくなってしまいます。相続放棄は、資産となりうるもののほかに、負の遺産もすべて相続しないという意味を持ちます。しかし、片付けなどを行ってしまうと、相続する意思があるとみなされ、単純承認という扱いになってしまうのです。そのため、特に親族で話し合いをしていない状態で、遺品などに触れてしまうのは控えた方がよいでしょう。また、このようなトラブル回避するために、福岡では専門の回収業者に相談している人も見受けられます。

相続放棄を検討しているなら、細かいルールは要チェック

単純承認といった法律があるため、相続放棄を検討しているのであれば、ルールをよく確認してから行動するのがおすすめです。特に負の遺産が多い場合は相続放棄したいと考える方もいるはずですので、そのような場合はなおさら気をつけて行動してください。明らかに不用品であるとわかっていても、それを勝手に捨ててしまうのはNGです。法律で、遺品を勝手に捨ててしまったり、不用品回収を行ってしまったりすると、相続の意思があると見られ、相続人として扱われてしまいます。

まとめ

相続と不用品回収はとても密接した関係にあります。法律を知っておかないと、知らずに相続人になってしまったり、ルール違反をしてしまったりする可能性もあるのです。そのようにならないためにも、しっかりとチェックしておくとよいでしょう。

福岡にて遺品整理や不用品回収を行うならクリーンアースにおまかせ下さい。