特殊清掃と同時に不用品回収を依頼するのがオススメ

高齢化社会が進み一人暮らしの人が多くなると、部屋に一人で亡くなったまま発見が遅れてしまうことがあります。いわゆる孤独死や独居死などの場合、血液の除去や腐敗してしまった体液、死臭、腐乱臭の消臭、感染症予防のための消毒やハエやウジなどの駆除が必要になります。知識の少ない人の清掃では到底追い付かない案件になってしまいます。そのような場合は専門の業者に頼むことになります。その場合、特殊清掃だけではなく、家財道具などの搬出作業も必要になってくることがほとんどです。

特殊清掃が入った家の家財道具はどうする?

特殊清掃が必要となる場合、家財道具などを整理することを遺品整理と呼びます。賃貸物件の場合は家財道具を早く部屋から搬出しなければ、明け渡すまで家賃はどんどんかかってしまいます。そして家財道具の中には故人が特に大切にしていたものや、思い出の品などもあれば、不用品と呼ばれるリサイクル品もあります。そのため簡単になんでも捨ててしまうわけにはいきません。きちんと仕分けして捨てるものと必要なもの、そしてリサイクルできるものを分け不用品回収する必要があります。

 

同時に不用品回収も依頼するとスムーズ

特殊清掃も不用品回収も専門の業者に頼むと良いでしょう。作業を行う期間がバラバラになってしまうと、時間も労力も倍かかってしまいます。同時に依頼すると作業もスムーズに行われます。まれに特殊清掃をおこなって、それから時間をかけて不用品を選別したいとお考えの方もいらっしゃいますが、特殊清掃の場合、畳やフローリングなど床に当たる部分を徹底的に清掃いたします。そのため家財道具などをどかす必要があります。その他にも部屋全体を隅々まで清掃、消臭するため、どうしても家財道具が邪魔になってしまいます。可能であれば同時に依頼することをおすすめします。

 

どちらも行っている会社にお任せ

特殊清掃も不用品回収も専門に行っている業者がいますが、別々の業者に依頼すると、期間を合わせるのも難しく、人件費や費用も倍以上かかってしまうケースがあります。そこで、特殊清掃、不用品回収どちらの業務も行っている会社に依頼することをおすすめします。どちらも行っている業者ですと、期間を合わせる心配もなく費用も安く抑えることが出来ます。大切な作業となりますので後悔しないように、きちんとした会社に依頼しましょう。福岡での特殊清掃や不用品回収どちらもクリーンアースは丁寧に心を込めて行っております。

不用品回収を依頼したいときは福岡のクリーンアースにご相談下さい。