会社の機密情報を不用品回収に!福岡市の施設で処理はしてもらえる?

事業用の廃品は行政では回収不可であることがほとんどです。しかし、事務所の移転や店舗の改装などでは、多くの機密情報や不用品を処分する必要が出てきます。そのような場合は、法人向けのサービスを行っている不用品回収業者を利用してみましょう。ここでは、不用品回収業者を選ぶ際に気をつけたいポイントについてご説明します。

依頼する業者が福岡市の産業廃棄物処理業者名簿に掲載されているかを確認

不用品回収業者が産業廃棄物処理を行うためには、廃棄物の処理及び清掃に関する法律によって自治体への届け出が義務付けられています。そのため、事前にお住まいの自治体の「産業廃棄物処理業者名簿」に掲載されているかどうかを確認しましょう。自治体のページに記載がない場合は、怪しいと考えるのが無難です。

また、産業廃棄物処理業者の中でも、「優良産業廃棄物処理業者」としての認定を受けている業者もあります。認定の条件としていくつかの条件を挙げてみます。

  • ・5年以上の産業廃棄物処理実績があること
  • ・改善命令などの処分を受けていないこと
  • ・ISO14001などの認証を取得していること
  • ・産業廃棄物の処理状況や施設の維持管理状況、取得した許可の内容などをインターネットで公開していること


このように、法に則した正しい産業廃棄物処理業の実績を蓄積している業者が優良産業廃棄物処理業者としてみなされているため、会社の不用品回収における信頼度はより高いといえるのです。

データ処理の仕方も業者で違うので確認

事業所の移転や改装などによって機密文書やIT機器の処分が必要になった場合はデータ処理の仕方を考えなければなりません。

古いパソコンや壊れたIT機器は、中のデータが漏洩しないように処理しなくてはなりません。データ処理方法は、ハードディスクを物理的に破壊することもあれば、無意味なデータで何度も上書きするなどの処理方法もあり、業者によって異なります。どのような方法でデータ処理を行うのかを確認しておきましょう。

また、機密情報の含まれた書類を多く処分する場合、シュレッダーで一つひとつ細断するのは、膨大な時間や手間がかかってしまいます。業者が書類を回収し、指定工場などで溶解処理を行う場合もありますが、依頼主の目の前で処理を行う業者もありますので、このような処理を希望される場合は業者へ問い合わせてみてください。

福岡市内で処理を希望の場合は処理施設があるか確認

事業者向けの不用品回収業者をお探しの場合は、指定の処理施設や自社の処理施設があるかも確認しましょう。悪質な業者にお願いしてしまうと、個人情報流出など最悪の事態も起こりかねません。事前に業者に問い合わせて、具体的なサービス内容や料金などを話し合う必要があります。
クリーンアースは福岡県福岡市を中心に不用品回収を承っています。福岡で不用品回収をお考えならクリーンアース!オフィス用品もお任せください!