なんでも回収は嘘! 不用品回収業者が引き取らないものとは

自宅や会社で不要になった物を回収して処分を行うのが不用品回収業者です。引越しの際に困るベッドやソファーの回収や、遺品整理などで出る大量のごみの処分などを専門的に行います。

不用品回収業者を利用するメリットは、楽に処分できることです。業者が梱包や運搬から処分まで行うので、依頼者が面倒な作業をする必要はありません。

デメリットは費用の発生することです。業者に依頼した場合は、粗大ごみとして市区町村に届出たりするよりも割高になることがあります。また、業者によってサービスや料金設定にばらつきがあり、法外な高額請求をされてしまうというケースも少なくありません。どの業者に依頼すればよいか、見極めが重要になります。

絶対にNGなもの:盗品・生き物

不用品回収業者は大きく分けて、リサイクルを前提に回収する業者と、不用品の処分に対応する業者の2種類があります。前者の場合は回収できる品目が限られており、損傷があれば敬遠されることもあります。壊れた電化製品の回収を依頼する場合は、回収可能かどうかを事前に問い合わせておきましょう。

後者の場合は、不用品の回収や処分を依頼することができます。ほとんどの品目を回収することができ、家庭ごみの処分も引き受けてくれることもあります。他にも部屋の掃除や遺品整理まで請け負う業者もあります。

ただし、どちらの業者でも絶対に回収できない品目があります。それは盗品・生物・動物の遺体です。これらの品目の回収は法律違反にあたるため、不用品回収を依頼することはできません。

業者によってNGなもの:食品、中身の入ったスプレー缶、ペンキ、液体

一般家庭から出たごみや廃品、あるいは粗大ゴミを回収するためには、「一般廃棄物収集運搬業許可」を所有している必要があります。また、工場や事業所のように事業活動によって出た廃棄物に関しては、「産業廃棄物収集運搬業許可」が必要です。

多くの不用品回収業者はこれらの許可を取得しているため、家庭で不要になった品目や、粗大ごみも含めほぼすべて回収・処分することができます。ただし、業者によっては、食品(食べ物や医薬品、ペットフードなど)、中身の入ったスプレー缶、ペンキ、液体などは回収不可としていることがありますので、事前に確認することをおすすめします。

事前に不用品回収業者に問い合わせたほうがおすすめ

「なんでも回収OK」をキャッチコピーにしている業者が多いのですが、法律上、盗品や生き物など本来回収できない品目の処分を依頼することはできません。また、業者によって他にも回収不可にしている品目がある場合がありますので、判断しづらい品目がある場合は不用品回収業者へ問い合わせることをおすすめします。

クリーンアースは福岡を中心に不用品回収を承っています。福岡で不用品回収に困ったら!お気軽にクリーンアースにお問い合わせください!