「一般廃棄物収集運搬業許可」とは|不用品回収はごみ収集とは違うの?

一般廃棄物収集運搬業許可をもっている業者しかごみは処理できないと聞いたことがあり、不用品回収業者への依頼を検討している方もいるかもしれません。しかし一般廃棄物収集運搬業許可がなくても対応できるケースがあります。不用品回収業者へ依頼できるケースをご紹介します。

自治体の一般廃棄物処理が上手くいっているうちは許可が下りない

一般廃棄物収集運搬業とは、産業廃棄物とは異なる一般廃棄物を回収したりその運搬をしたりといった作業のことを指します。一般廃棄物と産業廃棄物ではそれぞれ以下の物品が該当します。

・一般廃棄物
-事業者や家庭からでる生ごみや可燃ごみ、粗大ごみなど
-会社などの事業者が出すごみのうち産業廃棄物に当たらない紙くずや粗大ごみなど

・産業廃棄物
-建設業で発生した木や金属のくずなど
-畜産業などで発生した市死骸や糞尿など
-廃油など
-爆発や感染などの可能性がある危険なもの

家庭が排出するごみ全般や、事業者でも家庭で発生するようなごみは一般廃棄物にあたり、この一般廃棄物を収集・運搬する業者は一般廃棄物収集運搬業許可がもっている業者のみです。

一般廃棄物収集運搬業許可というのは、福岡市など各自治体が許可を与えたり更新したりします。そのため、自治体の計画どおりに進んでいる場合には新たに業者へ許可を出すことはほとんどありません。

一般廃棄物収集運搬業許可なしで不用品回収業者が扱えるのは「リサイクル可能な物&専ら物」

こうした一般廃棄物の処理を「許可をもっていない不用品回収業者へ処理を依頼してはいけないの?」と思う方もいるかもしれません。しかしそうとは限りません。

一般廃棄物収集運搬業許可がないのに収集や運搬することを禁止されているのは、ごみとなるものです。つまり処分することを目的とせずにリユース、リサイクルとして活用するのであれば、不用品の収集はおこなっても問題ないのです。

完全に廃棄物でしかない物は自治体の定める方法で処理される

リサイクルや処分業者でもリユースやリサイクルが難しく、一般廃棄物として処理しなければならない物は、自治体の定めた方法で処分しなければいけません。しかし処分業者はさまざまなリサイクル業者と取引をおこない、可能な限り回収できるように努力しているため、通常では処分するしかないと考えているものでも引き取り可能なケースがあります。

一般廃棄物として処分しなければならないのか、あるいはリサイクルやリユースとして回収可能か判断に迷う場合は、不用品回収業者へお尋ねください。不用品回収・処分のお悩みは、福岡全域対応のクリーンアースにご相談ください。