仏壇・神棚は遺品整理の際にどう処分するのが正解?

1人暮らしの親や兄弟、親族などが亡くなって遺品整理の立ち会いをする、処分に困るのが仏壇や神棚です。先祖代々の位牌が入っている仏壇やお札の入っている神棚は、誰かが継承するのならば問題ありませんが、処分する場合はしかるべき手順があります。ここでは、遺品整理で仏壇や神棚を処分する際の手順・方法をご紹介します。


宗教関連物をそのまま捨てるのはNG

ご自身のものもそうですが、故人の神棚や仏壇だけでなく、宗教に関連するものを処分する際、そのまま不用品として処分してはいけません。宗教に関連するものは先祖や神様などを奉っている神聖なものなので、感謝の気持ちを込めて、正しい手順で処分することが大切です。しかし、物によって処分手順は異なりますので、例えば仏壇であれば近隣のお寺(菩提寺)に、神棚であれば近隣の神社に確認してみるとよいでしょう。


仏壇・仏具は閉眼供養後に粗大ごみとして出せる

多くの自治体で仏壇は粗大ごみとして処分することができ、福岡市も供物台以外の仏具は粗大ごみとして出すことができます。しかし、処分する前に、ご先祖様や仏様が宿る仏壇からただの家具に戻す「御霊抜き」と呼ばれる閉眼法要を行わなければなりません。通常、仏壇を新しくしたときは、「開眼法要」を行うことで仏壇の中に仏様の魂を入れるのです。そのため、仏壇の中に仏様が居たままでは処分できないため、閉眼法要が必要となります。
閉眼法要後は、近所のお寺でお焚き上げをしてもらう、仏壇の販売店に引き取ってもらう、粗大ごみに出す、不用品回収業者に引き取ってもらうなどして処分しましょう。


神棚は神社でお焚き上げしてもらえる

神棚を処分する場合は、神社で「お焚き上げ」をしてもらいましょう。その際、陶器やガラス・金属類などはお焚き上げできない神社もありますので、必ず神社に確認してください。また、神棚の中に奉っているお札のみを神社へ持っていき、「お札返納所」に返納するだけでも問題ありません。近くに神社がない、あるいは氏子になっている神社がわからない場合は、郵送での返納を受け付けている神社もあるので、返納料とともに郵送するという方法もあります。このようにお札を返納したあとの神棚は、仏壇と同じく家具として処分できます。
しかし、自己判断で処分しても良いか迷う方も少なくありません。その場合、不用品回収業者に相談すると良いでしょう。遺品整理で扱いに困る宗教物も適切に処理するクリーンアースに是非ご依頼ください。