冷蔵庫の正しい処分方法!賢く処分するコツは不用品回収を活用!

福岡で使わなくなった冷蔵庫を処分する場合、処分の方法はいくつかあり、中には不用品回収を活用したお得な処分方法もあります。今回は、冷蔵庫の正しい処分方法、お得に処分するためのコツについてご紹介します。

冷蔵庫処分は家電リサイクル法で定められている

テレビ・エアコン・冷蔵庫・洗濯機、この家電4品目は現在粗大ごみとして廃棄処分することができません。なぜなら、2001年4月から施行されている家電リサイクル法により、対象製品として指定されているからです。しかし家電製品は、これら4品目以外にもたくさんあります。ではなぜこれらの家電4品目は家電リサイクル法の対象に指定されているのでしょうか。冷蔵庫に関して言えば、エアコンと同様にフロンガスを使用している点が挙げられます。フロンガスは言うまでもなく環境破壊につながる化学物質で、オゾン層を破壊してしまう危険性があるのです。そのため、冷蔵庫を処分する際には、このフロンガスの適切な処理が行われなければなりません。大気中にフロンガスが放出されることを防ぐことも、冷蔵庫が家電リサイクル法の対象となっている理由のひとつです。

冷蔵庫の正しい処分方法

冷蔵庫を処分するケースで最も多いのは買い替えではないでしょうか。そうした場合の処分方法として、新しい冷蔵庫を購入し、お店から家に配送された際に、今まで使用していた古い冷蔵庫を引き取ってもらう方法が多いです。買い替えなどではなく、引っ越しなどで冷蔵庫を処分したいというケースもあります。そうした場合には、冷蔵庫を購入したお店に引き取ってもらうという方法もあります。どこで購入したのかわからない場合は、全国にある指定取引場所へ直接持ち込むのもひとつの手です。この場合、事前に郵便局にある「家電リサイクル券」に必要事項を記入した上で、郵便局の窓口でリサイクルの料金を支払うことで可能になる方法です。

使える状態の冷蔵庫は不用品回収業者での買取も可能

このほか、買取専門店を利用するという方法もあります。ただし、この方法は処分する冷蔵庫がまだ使えることが条件です。この方法なら、リサイクル料金という費用をかけずに冷蔵庫を処分することができ、冷蔵庫の売却代金も得られます。また、不用品回収業者に依頼して回収してもらうという方法もあり、不用品回収業者でも買い取りを行っているところがあります。不用品回収業者に依頼する場合は、まずその冷蔵庫が買い取り可能かどうかを確認することが大切です。買い取り可能なら査定を行ってもらい、無理ならそのまま回収してもらう、これがお得でスムーズな処分方法と言えるでしょう。福岡で冷蔵庫処分ができる不用品回収業者をお探しなら福籠商会をご利用ください。