特殊な不用品の処理方法!ペンキが大量にある場合の処分はどうしたらいい?

外壁塗装を楽しんでいるDIYユーザーは多いです。しかし、DIYであっても大量のペンキを購入することもあり、多めに購入して塗装が終わった後、ペンキが余ってしまうこともあり得ます。では、廃ペンキはどう処理したらよいのでしょうか。塗料は引火性の危険物でもあり、安易に下水や河川に流したり、放置したりしてはいけません。ここでは余ったペンキのお悩みを解決します。

福岡市の処理施設で「ペンキ」は受け入れてもらえない

福岡市ではペンキや塗料、シンナー、灯油・軽油などの廃棄物は引き取っていません。福岡市だけではなく、基本的に各市町村の自治体では家庭からの塗料・灯油・軽油の処理は受け付けていません。ペンキ・塗料は基本的に産業廃棄物に分類されます。そのため、自治体が扱っている一般廃棄物には分類されていません。最終的には産業廃棄物業者に回収してもらうことになります。塗料・ペンキには、水性・油性の二通りの製品がありますが、いずれも「合成樹脂」を含んでいます。そのため、ペンキの処理は「廃プラスチック類」という品目になります。ペンキを処理する業者は廃プラスチック類を扱う許可を取っている者に限られます。

少量であれば布や紙に染み込ませて「燃えるごみ」として捨てることが可能

ペンキの処分方法は大きく別けて2通りあります。少量のペンキと大量のペンキですが、量によって処理方法が異なります。なお、ペンキはその形状によって廃棄物としての種類が変わってきます。液状と固形状では対応が変わってくるのです。少量の固形になったペンキであれば自治体の一般廃棄物として受け入れてもらえます。ペンキも開封したまま期間が過ぎると、すでに固形になっている場合がありますが、これも少量であれば問題ありません。そこで液状のペンキが少量である場合は、新聞紙などに吸い込ませて燃えるゴミとして捨てられます。吸い込ませた新聞紙はよく乾燥させてください。このように固形状に変換することで一般ゴミ、つまり「燃えるごみ」に分類してしまいます。

捨てたいペンキが大量にある場合は不用品回収に依頼するのが便利!

しかし、新聞紙に含ませて捨てられる量というのはわずかなものです。ちょっとDIYで作業すると数缶のペンキが集まってしまいます。ましてや一斗缶ともなると少量での処理はできません。このような大量のペンキが余っている場合は、専門の不用品回収に依頼すると便利です。不用品回収業者は回収した廃ペンキを、正式な産業廃棄物業者へ処理を依頼します。法律に定められた方法に従って、環境にも配慮した処理がなされているのです。廃ペンキで困った時には不用品回収を検討してください。ペンキの回収には費用がかかりますが、優良企業であればリーズナブルな価格で行っています。

定額料金でまとめて処分のサービスも!福岡でさまざまな不用品回収を依頼したいならクリーンアースをぜひご検討ください。