特殊清掃ではペットの遺体も一緒に頼める?ペット&動物の遺体の上手な扱い方

事件や事故などがあった場所を清掃するのが、特殊清掃です。この特殊清掃では、ペットの遺体も不用品回収として一緒に頼むことができるのでしょうか。さらに、ペットの遺体が法律上ではどのような扱いになるのか、福岡ではどのように処理すればいいのかについても確認しておきましょう。

ペットの特殊清掃での遺体回収ができるかはケースによって異なる

ペットの遺体を特殊清掃で頼めるかどうかは、ケースによって結論が異なります。実は、ペットの遺体は廃棄物とされてしまうケースと、廃棄物ではなくなるケースがあるのが特徴です。例えば、遺体となったペットを可愛がっていて、供養や埋葬することを望む場合は廃棄物には該当しません。

しかし、自身が飼っていたわけではないペットなど、供養を希望しない場合には廃棄物に該当します。つまり、供養しないケースやペットの遺体の所有権放棄をしたケースでは、廃棄物として扱うことができるということです。このようなケースでは、ペットの遺体処理を特殊清掃に頼むことができます。ペットの遺体回収を希望される場合は、上記を参考に遺体が廃棄物に該当するかどうかを検討するようにしましょう。

一般的なペットの遺体の処理方法

可愛がっていたペットの遺体を、どのように処理すればいいのでしょうか。上述のとおり、一般的なペットは廃棄物には該当しません。そのため、斎場、動物霊園等で火葬や埋葬を行うのが供養としては望ましい形になります。しかし、可愛がっていたペットを自宅の庭にそのまま埋めたいと考える人もいるのではないでしょうか。

このような場合は、自宅の庭が私有地化かどうかで結論が変わります。自宅の庭が私有地であれば、ペットの遺体を埋めることが可能です。しかし、借地や公園など公共の場所にペットの遺体を埋めることはできません。また、私有地だとしても大型のペットの場合は、腐敗臭の発生や、地下水が汚染される可能性があるため遺体を埋めるのは避けたほうがよいでしょう。

ペットではない動物の遺体の処理方法

ペットではない動物の遺体は、廃棄物となってしまい、一般廃棄物と産業廃棄物に大別されます。一般廃棄物は、いわゆる普通ゴミとして回収されるものです。そのため、通常であれば動物の遺体であっても一般廃棄物としてゴミとして処分をすることになるでしょう。感情的に違和感を覚えるかもしれませんが、これは法律で定められていることです。

また、その動物が酪農や畜産など事業に伴うものであれば、産業廃棄物に該当します。この場合は、一般廃棄物とは違い自治体のゴミ収集に出すことはできません。産業廃棄物に該当する場合は、専門の業者を手配して処理する必要があります。

こんな物って依頼できるの?ささいな疑問がありましたら福岡にある不用品回収のクリーンアースにお問い合わせください。福岡での不用品回収は、クリーンアースにお任せいただけましたら幸いです。