理由と処分方法は?不用品回収でも回収してもらえない物まとめ

福岡で自治体に不用品回収を依頼しても、医療器具やガスボンベなど回収してもらえないものがあります。回収してもらえない物はどのような理由があるのか、またそれらはどのように処分したらよいのかをご紹介します。

「医療器具」が不用品回収に依頼できない理由と処分方法

医療器具は不用品として回収してもらうことはできません。医療器具は一般のゴミではなく産業廃棄物として扱われるためです。

医療器具にはさまざまな菌が付着している可能性があり感染症を引き起こすリスクがあります。そのため、産業廃棄物として適切に処分する必要があるのです。

処分方法としては、産業廃棄物処理業者に依頼する方法や、メーカーに回収を依頼する方法があります。処分する際は、まずはメーカーに問い合わせてみるとよいでしょう。

なお、医療器具が適法に処分されなかった場合に責任を負うのは、医療機関となります。そのため、医療器具を処分するときは適切に処理してもらえるところに依頼をするようにしてください。

「食品」が不用品回収に依頼できない理由と処分方法

普通のゴミとしても処分可能なため、食品を不用品として回収してもらうことはできません。収納箱などに食品が詰まったまま不用品として回収してもらいたいとしても、収納箱の中から食品を取り出してから引き渡す必要があります。食品も含めて処分をしてもらえそうですが、分別の手間や腐敗の問題があるため不用品としてまとめて回収してもらうことはできないのです。

食品については、一般廃棄物として自治体のゴミ回収に出すことができます。分別の手間はかかりますが、自治体のゴミ回収で廃棄するのが最も無難で簡単な方法といえます。

「ガスボンベ&スプレー缶」が不用品回収に依頼できない理由と処分方法

ガスボンベやスプレー缶は、不用品として回収してもらうことはできません。ガスボンベなどはガスが残っていると爆発の可能性もあり危険性が高いためです。そのため、ガスボンベやスプレー缶は、ガス抜きをして自治体の指定に従って処分をする必要があります。

ガス抜きをする際は必ず屋外で行うようにしてください。屋内でガス抜きを行うと、引火し爆発を引き起こす可能性があります。自治体によっては穴あけが必要なところもあるため、処分方法を自治体の公式サイトなどで必ず確認するようにしてください。

このように、それぞれ理由から不用品として回収できないものがあります。しかし、回収してもらえるか判断に迷う場合は、福岡で粗大ゴミ・引っ越しのゴミに困った時はクリーンアースにご相談ください!専門のスタッフが適切に対応させて頂きます。