生前整理のメリットとデメリットは?残された親族の負担を軽減!

遺品整理が亡くなった方の持ち物を遺族が整理するのに対して、生前整理は自分の持ち物を自分で整理することです。近年、生前整理をする方も増えてきているのですが、それにはいくつかの理由があります。ここでは、生前整理のメリットとデメリットについてチェックしておきましょう。

生前整理のメリット|物と一緒に気持ちも整理できる

生前整理のメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

・気持ちの整理ができる
生きているうちに整理して不要なものを処分したら、気分もすっきりし、気持ちの整理ができます。

・判断能力が落ちても大丈夫
判断能力があるうちに生前整理をしておくと、年をとって判断能力が落ちたとしても困りません。すでに身の回りのものは整理されているので、あとは家族に安心して任せられます。

・家族に負担をかけずに済む
いつ何があるか分からないのが人生です。生前整理をすることで、預金通帳などの大事なものがどこに保管してあるのか家族にすぐに伝えられます。あらかじめ整理しておくと、自分が死んだ後に家族が困ることもないでしょう。

生前整理のデメリット|財産分与の比率などを考えると苦しいかも

次は生前整理のデメリットについてチェックしておきましょう。

・財産分与の比率などを考えるのが辛い
財産の多い方は特に、自分の死後の財産分与について考えるのが辛いと感じる方もいるでしょう。誰にどのくらい分けるのか決めることは、人間関係を金額や資産で測っていくことになるからです。
・作業に疲れる
身の回りの整理は意外と疲れる作業です。物がたくさんある場合だと、いらない物を処分するだけでも一苦労でしょう。

・業者に頼んだら費用がかかる
自分では手に負えないと感じたら、業者に頼むのがおすすめです。整理整頓のプロなので、自分で行うのに比べるとはるかにスムーズに整理をしてるものの、費用はかかります。

生前整理の流れ|専門家の力を借りると楽

生前整理は自分で行うので、自分のペースで進められます。すべて自分の物なので、自分の一存ですべてを決めることが可能です。

・大まかなスケジュールを決める
自分の好きなときに、ある程度大まかなスケジュールを決めておくと、目標ができてスムーズに進められます。

・整理する場所を無理のない範囲で決める
一気に全部終わらせようとするスケジュールでは、疲れて途中で挫折してしまうこともあります。そのため、範囲を限定して無理せず進めていくといいでしょう。

・不要なものの処分方法を決める
いる物といらない物に分別し、不要なものの処分方法を決めます。捨てるものはゴミに出し、売却できそうなものはリサイクルに売るといいでしょう。

福岡で生前整理を考えている方は、不用品回収の業者に依頼しましょう。福岡で遺品整理をしたときに出た不用品の処理はクリーンアースにおまかせください。