福岡市でのリサイクル家電を処分方法は?賢くリサイクルするのにおすすめは?

家電のリサイクルは「特定家庭用機器再商品化法」、いわゆる「家電リサイクル法」に従って、正しく処分しなくてはなりません。とは言え、「家電リサイクル法」を熟知している方は少ないのではないでしょうか。すでに生活に密着しているといえるリサイクル家電ですが、賢くリサイクルするにはどうしたらよいでしょうか。

家電をリサイクルするためには正しい方法での処分が必要

「特定家庭用機器再商品化法」が施行されたのは平成13年です。家電製品には様々な金属やプラスチック、ガラスなどの素材で作られています。中には再利用が可能で有用な素材も使われています。そこで資源の有効活用を目的に、家電(つまりリサイクル家電)に使われている素材をリサイクルすることが法律で定められました。今の家電は、冷蔵庫、洗濯機、衣類の乾燥機などの白物家電から、テレビ(液晶、ブラウン管、プラズマ)やそのリモコンなどの黒物家電、そしてエアコンと、幅広い対象がリサイクル家電に指定されています。生活に密着している家電は正しくリサイクルすることが求められています。

間違った処分方法や違法業者の回収では家電はリサイクルされません

「家電リサイクル法」ではそれぞれの立場から3つの義務があります。小売業者に対しては「引取りの義務」、製造業者には「再商品化(リサイクル)の義務」、消費者には「料金支払いの義務」が課せられています。しかし、法律に従った義務を果たさない違法業者に回収を依頼すると、間違った処分になってしまい、家電のリサイクルが成立しません。
また、消費者の立場からも安易な処分を勝手に行うとトラブルの元になります。引っ越しや新築などで大量に不用品が出てしまった時、簡単に考えて家電を処分したり、安いからと違法業者に依頼したりすると、家電リサイクル法に違反してしまうことになりかねないので気を付けてください。

福岡市で賢く家電をリサイクルするには不用品回収がおすすめ

福岡市を中心とした福岡エリアでも不用品回収が必要としているユーザーは多くいます。特に福岡市はアジアから見て日本の玄関といえる位置にあります。今後も発展していく場所といえ、それだけにこのエリアでは多くの不用品が日々出ています。不用品の家電リサイクル法を正しく守り、かつ賢く不用品を処理するにはどのような方法があるでしょうか。ひとつは優良な不用品回収業者へ依頼することです。「家電リサイクル法」に準じて不用なリサイクル家電を回収し、正しく処分する業者に任せることで、よりリーズナブルで適切な処理が行われます。もちろん製造業者や販売店へ委託しても問題はありませんが、リサイクル手数料がかかります。賢くスマートにリサイクル家電に対応するなら不用品回収を使うことをおすすめいたします。

福岡で業界最安値!不用品回収ならクリーンアースにご相談ください!