福岡市での家電リサイクル法の家電の処分方法(テレビ・冷蔵庫・洗濯機ほか)

東京オリンピックを控えてテレビなどの買い替えを検討している方も多いかと思います。不用な家電は安易に捨てることはできません。意外と知らない家電リサイクル法の仕組みですが、いざという時に違法な処理にならないよう気をつけましょう。

家電リサイクル法とは

家電リサイクル法は、その正式名称を「特定家庭用機器再商品化法」と言います。平成13年4月に初めて施行され、何度かの改訂を経て現在に至っています。その目的は、廃棄物の削減と、資源の有効利用、そして生活環境の維持と配慮です。
家電リサイクル法の対象は大きく分けて4分野が指定されています。エアコン、テレビ(ブラウン管、液晶、プラズマ)、冷蔵庫及び冷凍庫、洗濯機及び衣類乾燥機の4つの品目が対象となっています。なお、パソコンは家電リサイクル法とは別に、「パソコンリサイクル法」によって制限されています。さらには「小型家電リサイクル法」という法律もあり、主にスマホやデジタルカメラなどの小型家電を扱っています。

福岡市で自分で運ばずに家電リサイクル法の家電を処分する方法

家電リサイクル法ではユーザーに対して手数料の支払いが義務づけされています。リサイクル費用は事前に家電リサイクル券を購入します。リサイクル券にメーカー名、家電のサイズや内容積を記載し、リサイクル家電に貼って引き取ってもらいます。その際別途運送費がかかりますが、この運送費は小売業者や回収業者ごとに異なります。運送費については小売店やメーカーに直接持ち込むことで節約できますが、手間と時間がかかることになります。
また、地方自治体でも家電リサイクルを業者と連携して受け入れているところがありますが、あくまで小売業者が引き取り、メーカーが処分するというフローになります。しかし、福岡市では引き取りを行っていません。自分で運ばない場合は業者へ依頼することになります。

福岡市で自分で運搬できる場合の家電リサイクル法の家電の処分方法

では、自分でリサイクル家電を運ぶ方法はどうでしょうか。福岡市では持ち込みであってもリサイクル家電は受け付けてくれません。自分で運搬するケースでは小売業者か、不用品回収業者への持ち込みが一般的な対応となります。その際、リサイクル費は郵便局振込方式で支払います。同じくリサイクル券にメーカー名、家電のサイズや内容積を記載します。テレビは画面サイズを、冷蔵庫・冷凍庫については内容積を記載します。なお、家電リサイクル券にはゆうちょ銀行の振込手数料が1枚ごとにかかりますが、窓口とATMでは手数料に違いがあります。

いずれにしても手間と費用がかかる家電リサイクルです。福岡市であれば優良な回収業者に依頼するのがお得な場合が多いのではないでしょうか。
福岡で業界最安値を目指してます!不用品回収・遺品整理ならクリーンアースにおまかせ下さい。