福岡市での粗大ごみの出し方のルール!得をできる方法は?

福岡市にて粗大ごみを出そうと思っても、普段出すことがないため出し方がわからずに困ってしまう方もいるでしょう。福岡市の粗大ごみの出し方と、費用や労力を減らす方法はあるのでしょうか。

指定の袋に入らないごみは粗大ごみ扱いになる

福岡市指定のゴミ袋に入らないもの、もしくは重さでゴミ袋が破れてしまうようなゴミは粗大ごみで出さなければいけません。指定された小売業者で購入できる指定ゴミ袋の種類は45リットル、30リットル、15リットルの3種類です。電子レンジや布団、オーブントースターなどは製品の大きさによっては粗大ゴミになるので注意しましょう。粗大ごみは指定ゴミ袋で出すことのできるゴミとはルールが異なります。

粗大ごみの出し方|電話で料金・場所・日時を申告

福岡市で粗大ごみを出す際には事前に連絡が必要で、出し方の主な手順は以下のとおりです。

1.粗大ごみ受付センターに連絡
まずは出すゴミの品目を確認しておき、粗大ごみ受付センターにどんな粗大ごみを出すかを連絡します。連絡方法は下記の4種類です。

・電話連絡
・インターネットからの受付
・指定SNSサービス
・FAX

電話連絡の場合には9時から17時の間に連絡でき、インターネットと指定SNSサービスはメンテナンスのとき以外はいつでも連絡できます。連絡のやりとりを進める上で、以下の4点を確認しておきましょう。
・料金
・大型ごみを出す場所
・回収の日程
・大型ごみの受付番号

2.ごみ処理券の購入
市内のコンビニエンスストアなどで指定料金分のゴミ処理券を購入します。

3.ごみに情報を記載したごみ処理券を貼る
購入したごみ処理券に受付番号もしくは申込した氏名を記入し、粗大ゴミに貼り付けておきます。

4.指定場所に粗大ゴミを出しておく
伝えた場所に収集日の8:30までに大型ゴミを出します。後は立ち会い不要で収集してもらえるので、これで完了です。

高齢者や障害者、妊婦の方など自分で搬出できない粗大ごみがあった場合、玄関口から出る大きさであり3人で運べるほどの重量であれば、ひとつ300円や500円など有料にて搬出もおこなっています。

不用品回収業者に依頼したほうが安上がりな場合もある

粗大ゴミにはそれぞれ品目によって価格が設定されており、300円程度から1,000円程度の範囲内で、小型のものは安いのが傾向です。こうした大型ゴミの処分費用は自分で出すよりも、不用品回収業者に依頼したほうが安上がりになることがあります。このように福岡市で粗大ごみを出す際には事前連絡とごみ処理券の購入などの準備が必要です。

引っ越しや遺品整理などでまとめて処分をしたい場合など、すべての分のごみ処理券を購入して指定場所に搬出するのはかなり大変な作業となります。不用品回収業者であれば、不用品にごみ処理券を貼る手間もかかりません。福岡にお住まいで粗大ごみの処理に悩んだ時は一度クリーンアースにご相談ください。