福岡市のゴミ収集が真夜中に行われる理由|収集=朝とは限らない!

福岡市では、ゴミ収集が夜中におこなわれています。福岡市に住んでいる方は当たり前と思う方もいるかもしれませんが、実は全国的に考えると一般的ではありません。福岡では、一体なぜゴミの収集が夜中に収集しているのでしょうか。

福岡市のゴミ出し時間は「日没から夜12時まで」

福岡市の家庭から出たゴミは、日没から日付の変わる夜12時までにゴミ置き場へ出すというルールです。しかし、ほかの市区町村ではゴミを出す時間については朝方までに出すというのが多い傾向にあります。同じ福岡県内でも、ほかの市は朝方までと定められており、例えば北九州市や久留米市は朝8時30分まで、飯塚市は8時までです。多くの市区町村が日中にゴミ収集をおこなうため、家庭からは朝方までに出さなければいけません。しかし、福岡市は一般的な市区町村とは異なり、夜中に収集作業を開始するのでルールが異なります。

朝の交通渋滞緩和のために夜間回収が始まる

昔は福岡市でも、ごみ収集は早朝におこなわれていました。もともとゴミを肥料として活用するため農家などが収集をおこなっていたのですが、日中は自分の仕事があるため、それよりも早い時間帯に収集していたのです。

そんな福岡市が夜中に収集をおこなうようになったのは1957年ごろ。移動手段として自動車が民間にも普及し始めた時期で、日中には多くの自動車による渋滞も多くなってきていました。深夜時間は交通量が少なく収集効率も高まるため、夜間収集へと変わっていったのです。

夜間のゴミ回収に対する市民の満足度は90%以上!

ゴミ収集を夜間におこなうことで、朝方から収集までの間にカラスに生ごみを食べられて散らかされてしまうこともありません。また、暗い夜中に作業車が稼働することで地域の防犯にも一役かっているのです。以前には夜中に作業員の声のやりとりがあることに対して不満をもっている方もいましたが、現在では無線でやりとりするなど迷惑をかけないような配慮がされています。

福岡市が市民に対しておこなったアンケートで夜中のゴミ収集についての解答は、2015年で満足しているが79.2%、どちらかといえば満足しているが18.1%という結果でした。合わせると90%以上が満足しているということです。さらに2年後の2017年では満足しているが82.7%、どちらかといえば満足しているが15.3%という結果になり、満足度が上がっていることがわかります。

福岡市のように夜間にゴミ収集をするのはあまり多い事例ではありませんが、市民の満足度は高いです。
しかし、大量に家庭ゴミが出たときや家庭ゴミで捨てられない不用品回収を希望しているときに困ることもあるでしょう。
ゴミ収集でどうにもならない量の不用品回収・処分のお悩みは、福岡全域対応のクリーンアースにご相談ください。