移転にあたって出た「オフィスの不用品」は高額で買取してもらえるかも!

福岡でのオフィス移転は、一般家庭の引っ越しと同様にその作業は大変なものでしょう。不用品がたくさん出るのはもちろん、オフィス移転の場合の不用品は机や椅子、ロッカー、書棚など産業廃棄物となってしまうものが多くあります。産業廃棄物を処分するには業者に委託する方法が一般的ですが、それなりに費用がかかってしまうことも。費用を抑えるために自分たちで運搬して廃棄する方法もありますが、実は不用品を買い取ってもらうという方法もあるのです。不用品を買い取ってもらえれば費用がかかるどころか、収入を得ることができる可能性もあります。オフィスの移転で出た不用品で、高額買取の可能性があるものはどのようなものがあるのでしょうか。

オフィスの不用品は廃棄せずに売る手もある

基本的にオフィスの移転で出る不用品のうち、机や椅子、ロッカーなど大きいものになると、これらは産業廃棄物となってしまうのです。このような産業廃棄物を処分するには業者に委託する方法が一般的ですが、委託するとなると当然費用がかかってしまいます。処分する量が多くなれば多くなるほど、かかる費用も大きいものになるでしょう。しかし、不用品といってもまだまだ使えるものもあるはずです。そのようなものは買取業者に売ることで、お金に換えることができます。また、ものによっては高値で買い取ってもらえる可能性もあるのです。

高値になるのは人気・定番メーカーの製品

一口にオフィス家具といっても、そのメーカーはさまざまです。どこのオフィスにもあるような定番・人気のあるオフィス家具メーカーの製品もあれば、あまり聞いたことがないようなメーカーの製品もあります。このようななかで、高値で買い取ってもらえるのはやはり人気オフィス家具メーカーの製品です。買取業者は不用品を買い取ってそれを中古で販売するわけですから、売れなければ買い取る意味がありません。誰もが知っているような人気・定番メーカーの製品なら、高値で買い取ったとしても中古で売れるため、買い取り業者としても十分メリットがあるのです。

傷・汚れがあるもの、使用年数が長いものは高値にはならない

ただし、人気・定番オフィス家具メーカーの製品ならなんでも高値で買い取ってもらえるというわけではありません。高値で買い取ってもらうためには条件があり、その製品の状態が重要となります。状態が良ければ高値で買い取ってもらえますが、傷や汚れがあったり、使用年数が長かったりするものは高値で買い取ってもらうことはできません。そのため、買い取りを頼む前に汚れなどはきれいに落としておくことが大切です。オフィスの不用品は高値で買取してもらえる可能性もありますが、買い取ってもらえなかった場合は不用品回収業者を探すことも必要となります。福岡のオフィスで売れる物の売却が終わった後の不用品回収はクリーンアースにお任せ下さい。