粗大ごみとしての処分はNG!テレビやモニターの正しい処分の方法

一般的に、テレビやモニターなどは頻繁に買い替えるものではないので、不要になった際の処分方法がわからない方も多いのではないでしょうか。テレビやモニターの処分方法は、不用品回収の業者に依頼する、自分で処分するなどの方法がありますが、正しい方法で処分しなければなりません。

要注意!テレビやモニターは粗大ごみとして処分ができない

2001年4月から施行されている家電リサイクル法により、エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機の4品目が特定家庭用機器として指定されました。この法律の施行により、エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機の4品目は、現在粗大ごみとして廃棄処分することができません。以前は家庭から出る粗大ごみは、各市町村が収集して処分を行っていました。しかし、高度成長期を経て経済的にも物理的にも豊かになったのと同時にごみの量も格段に増え、粗大ごみ処理施設での処理が困難となったのです。そこで粗大ごみなど廃棄物の減量、資源再利用の観点から廃棄物のリサイクル推進の仕組みを構築するために制定されたのが家電リサイクル法なのです。

テレビやモニターの正しい処分方法

テレビやモニターを粗大ごみとして廃棄処分できなくなった今、テレビやモニターを買い替えるときに、購入した店舗に処分するものを引取ってもらうという方法が一般的です。買い替えない場合は、そのテレビやモニターを購入した店舗に引取ってもらうという方法もあります。どこで購入したのか忘れてしまったという場合は、居住している市町村のルールに従って処分することになりますが、市町村によって処分方法が異なるためホームページなどで確認したほうがいいでしょう。いずれの場合も、処分する際にはリサイクル料金を支払う必要があります。

買取可能な不用品回収業者への売却がおすすめ

テレビやモニターを処分する方法として、リサイクル料金を支払う必要がない処分方法があります。それは買取サービスを行っている不用品回収業者に買い取ってもらう方法です。ただし、買い取ってもらえるテレビやモニターには条件があり、どのようなものでも買い取ってくれるわけではありません。しかし、買い取ってもらえる家電の中でも、テレビは人気が高く、新しいモデルであればあるほど高く買い取ってもらえる可能性は高くなります。不用品回収業者に買い取ってもうことができれば、リサイクル料金が不要なうえ、買取代金が手に入るでしょう。福岡でのテレビやモニターの処分や買取は福籠商会へご相談ください。