遺品整理で供養が必要なものとは?供養方法とかかる費用

遺品の整理をしていて、供養はどうしたらよいかお悩みの方も多いのではないでしょうか。遺品を供養する方法はいくつかありますが、それぞれメリット・デメリットがあり費用も異なります。いざというときに困らないように、遺品整理で供養が必要なもの、供養を依頼する場所や手順、費用の相場などを確認しておきましょう。

遺品整理で供養が必要なもの

日本では昔からものには魂が宿ると考えており、ものを処分するときに供養をおこなうことがあります。とくに遺品は故人が生前大切にしていたものですから、多くの場合供養してから処分されます。遺品整理で供養が必要とされているものは、故人が写っている「写真」、友人や家族からの「手紙」、生前つけていた「日記」、故人が愛用していた「眼鏡」「衣類」「寝具」などがあります。とくに「人形」や「ぬいぐるみ」には故人の愛情が込められているため、供養することをおすすめします。また「仏壇」や「仏具」は代々引き継ぐ家庭が多いですが、買い替えなどで処分される場合も供養が必要です。

整理した遺品の供養を依頼する場所

遺品の供養をする場所には「お寺や寺院」「お焚き上げ専門業者」「遺品整理専門業者」があります。それぞれの特徴は次のとおりです。

<お寺や寺院>
お寺や寺院であれば、信頼できて安心感があります。郵送で遺品を送ることも可能ですが、料金形態がはっきりしていないことも多いので、事前に費用の確認が必要です。

<お焚き上げ専門業者>
料金が安く利用しやすいですが、供養費用を請求しておいて遺品を不法投棄や廃棄物として処分する悪徳業者もいるため注意が必要です。

<遺品整理専門業者>
遺品の整理から処分、供養まですべてしてもらえるため、忙しい方や実家が遠方にある場合におすすめの方法です。

遺品整理での供養の手順とかかる費用

供養を依頼する先によって、手順や費用が異なります。それぞれの手順と費用の相場は次のとおりです。

<お寺や神社>
・共同供養
お寺や神社に遺品を預け、他の方の遺品と一緒に供養してもらいます。費用の相場は5,000円です。
・現場供養
僧侶を家に招き供養をしてもらいます。費用の相場は2万円です。

<お焚き上げ業者>
Web上で申し込みや支払いが可能です。遺品を郵送して供養をしてもらいます。費用は大きさによって異なり、1,400円程度からとなっています。

<遺品整理専門業者>
遺品のある場所で遺品を整理してもらった後、遺品の供養をしてもらいます。料金形態は依頼する業者によって異なりますが、一般的に共同供養であれば無料、現場供養であれば約2万円です。

福籠商会はスピーディーな対応がモットーの福岡最安値の不用品回収業者です。福岡で遺品整理に伴う不用品回収をご検討の際は福籠商会へお任せください。