遺品整理で失敗しないために!ベストな依頼のタイミングの見極め方

福岡で遺品整理行う場合、どのタイミングで依頼をするのがよいでしょうか。遺品整理をする場所が一戸建てか賃貸物件かによってもそのタイミングは大きく異なります。遺品整理のタイミングについて詳しくご紹介いたします。

一般的な遺品整理のタイミング

遺品整理のタイミングとして、葬儀・埋葬などが終わった後から四十九日を迎えるまでに行うのが一般的です。しかし、葬儀が終わって四十九日を迎えるまでの間もバタバタとして落ち着かず遺品整理を行えないケースも少なくありません。

遺品整理のタイミングとしては、保険や年金、相続などのさまざまな手続きが完了した後に開始するケースも多くみられます。ただし、あまりに時間が経ちすぎると遺品管理の問題も出てくるため、遺族の状況に合わせて都合のよいときを選んで一周忌くらいまでには済ませるのが望ましいでしょう。

一戸建ての場合は遺品整理を慌てて行う必要はありませんが、故人が賃貸物件に一人で住んでいた場合は、遺品整理までに時間が空くとその間の家賃が発生してしまうため速やかに遺品整理を行わなくてはなりません。契約者の死亡後14日以内に遺品を片付けて退去できるよう、できるだけ早く遺品整理を行いましょう。なお、遺品の数が多くて親族だけでは期日までに片付けるのが難しい場合は、遺品整理を行っている不用品回収業者へ依頼するのがおすすめです。

いつから始める?オススメの遺品整理のタイミング

上述のとおり、遺品整理に決まったタイミングはありません。しかし、オススメといえるタイミングはあります。具体的には、故人の相続人が集まるタイミングが挙げられます。

例えば、葬儀直後であっても相続人に余裕があるのであれば遺品整理のタイミングとしては問題ありません。その他には、四十九日のときや百日法要の後など相続人が集まるタイミングがオススメです。なお、遺品の中に価値あるものや思い出が詰まっているものが含まれているので、場合によっては相続人ではない親族なども含めて遺品整理を行われることもあります。

遺品整理を依頼するときの注意点

遺品整理をするときは、整理する遺品の価値を把握することが必要です。価値がある遺品を他の相続人に無断で処分したりするとトラブルの元になりかねません。遺品整理を行うときは、遺品の価値を整理しておき、相続人が揃っているときに行いましょう。

なお、遺品整理を業者に依頼する場合は、遺品整理に精通した業者を選ぶようにしてください。遺品を粗末に扱う、あるいは適当に処分する業者も少なくないためです。さらに、見積もりをきちんと出し、追加費用がかかるケースなどを明確にしているかも重要です。

福岡にお住まいで遺品整理でお悩んだ時は一度クリーンアースにご相談ください。