遺品整理の時期は法要後がおすすめ!賃貸の場合は期限があるので注意

故人が大切にしていた遺品はなかなか整理が進まず、いつごろまでに処分すればよいのかと悩まれる方も多いでしょう。遺品整理はいつまでにしなくてはいけないという決まりはありませんが、先延ばしにせずできるだけ早く済ませたほうがよいものです。遺品整理を行う時期や、生前に遺品整理をするメリット、福岡最安値で丁寧な対応が評判の不用品回収業者について確認しておきましょう。

遺品整理は法要の区切りで行うのがおすすめ

仏教の考えでは、人が亡くなるとしばらくの間はあの世とこの世の間をさまよって、7日ごとに極楽浄土にいけるか裁きがあり、最終判決が49日目となるといわれています。つまり四十九日の法要後に故人が浄土に往生できれば、この世の私物は不用になるということから、四十九日の法要を目安に遺品整理を行うことが一般的になりつつあります。実家が遠方にあると、遺品を整理する時間を作るのが難しい場合もあるでしょう。しかし先延ばしにすると不審火や侵入者のリスクが高くなるだけでなく、そのまま放置して空き家に指定されると固定資産税が高くなりますから、早めに遺品整理をすることをおすすめします。

遺品整理に期限がある場合

故人が賃貸住宅に住んでいた場合、 賃貸借契約は継続され家賃の支払いは相続人がすることになりますから、できるだけ早く賃貸物件の解約手続きをする必要があります。通常は亡くなった月の月末か翌月、もしくは四十九日の法要が済むまでに契約解除をするのが一般的です。退去日が決まったら、その日までに遺品を整理し、元の状態に戻してから部屋を明け渡さなければいけません。遺品整理は遺品を分別し不用品はそれぞれのゴミの日に出すことになるため、最低でも1週間はかかります。賃貸物件が遠方にある場合や時間がない方は、不用品回収業者に依頼すれば最短1日で部屋を片付けることが可能です。

生前に遺品整理を行うメリット

不用品の分別は大変複雑で、以前は無料で引き取ってもらえた不用品も、現在はリサイクル法の施行などにより処分するのにお金がかかることも少なくありません。また銃や日本刀などの処分方法は、購入した本人でないと分からないこともあります。遺品整理は体力が必要な作業となり、高齢の方には難しいこともあります。しかし不用品回収業者に依頼すれば不用品の分別や処分の手間が省けるだけでなく、価値のあるものは買い取ってもらうことも可能です。生前に遺品整理を行うメリットは、大切な家族の負担を減らすことができ、不用品を現金に変えることができる点です。福籠商会は福岡エリア最安値、スピーディーで丁寧な対応で評判の高い不用品回収業者です。年中無休・即日対応可・定額料金でまとめて処分できますので、福岡で遺品整理ができる不用品回収業者をお探しなら福籠商会をご利用ください。