遺品整理の立ち会い時に依頼者ができること

遺品整理に立ち会う際、遺品が多いほど手間がかかりますし、残すものの取捨選択や捨てるものの分別など、自分だけで判断できないというケースも少なくありません。そのような場合、専門の不要品回収業者に整理を依頼することをおすすめします。ここでは、遺品整理に立ち会い時、依頼者ができることをご説明します。


残す遺品と処分する遺品の確認・判断

遺品整理の際、遺品を「残すもの」と「処分するもの」に区分しなくてはなりません。では、実際に残すべきもの・処分するべきものの目安を挙げていきましょう。
まず、故人の貴重品は処分せずに残しておかなければなりません。貴重品とは、銀行の通帳やクレジットカード、健康保険証、不動産の権利に関する書類などが挙げられます。
一方、処分するべきものは故人の衣類や書籍類などです。こうしたものは、故人に子孫がいない場合には思い切って処分し、どうしても捨てられない思い出の品を数点手元に残す程度にしましょう。


家の損傷具合の確認

遺品というと物品のみと考えがちですが、故人が住んでいた家も整理しなければならない遺品のひとつです。持家に住んでいた場合は物品の整理後、相続人の間でしかるべき手続きを行います。
一方、故人が賃貸物件に住んでいた場合には持家のケースと異なり、迅速に部屋の損傷具合を確認し、物件のオーナーや大家に部屋を開け渡さなければなりません。その際、畳やフスマなどの状態も確認し、修繕・清掃もしなければならないので、不要品回収業者といったプロなどと相談するとよいでしょう。不要品回収だけでなく清掃も請け負ってくれる業者に依頼すると、身体的・精神的な負担がかなり軽くなるはずです。遺品整理を行うタイミングは、一般に49日の法要を終えてからですが、住まいが賃貸だった場合は家賃のこともあるので早めに行いましょう。


遺品整理に立ち会うと思い出に触れられるメリットもある

遺品整理の立ち合いは人の死と向き合わなければならないので悲しみもありますが、故人との関わりが深かった場合、思いがけず思い出に触れられるというメリットもあります。例えば数十年前に撮った写真を発見したときなど、故人との記憶を思い返すことが、故人の供養にもつながるはずです。
福岡で遺品整理の立ち会いを行う際、迅速に対応でき、信頼できる近隣地域の不用品回収業者に仕事を依頼するとよいでしょう。福岡には回収業者がいくつかありますが、専門業者としての実績とノウハウを持つ業者がおすすめです。福岡での不用品回収・遺品整理をしたい方はクリーンアースにご相談ください。