福岡市の廃棄物の受入基準まとめ|種類別の廃棄方法と搬入禁止物

不用品回収の受け入れ基準は自治体によって異なりますが、その基準は年々厳しくなっている傾向にあるようです。ここ福岡市でも例外ではないため、引っ越しや大掃除といった多くの不用品が発生した時のために、廃棄物の受入基準を把握しておくとよいでしょう。
ここでは、このように福岡市で廃棄物を処分する際に知っておくべき、ゴミの種類別の廃棄方法と搬入禁止物についてくわしく説明します。

廃棄物の種類別の受入基準

福岡市では、廃棄物の種類が細かく分かれています。例えば燃えるゴミは、調理中に出た生ごみをはじめ、紙類・プラスチック・ゴム・皮類・木・竹材・灯油を入れるポリタンクやガスを抜いた状態の使い捨てライター・薄手の毛布などです。燃えないゴミは、ガラスや陶器の欠片・金属・空き缶・傘・蛍光灯・包丁などの刃物類・乾電池・電話機や掃除機といった小型家電・使い捨てカイロなどが該当し、燃えるゴミ・燃えないゴミ、いずれの種類であっても福岡市指定のごみ袋に入れる必要があります。
また、古紙や空き瓶、ペットボトルはリサイクルの対象なので分ける必要があり、特にペットボトルの場合、本体は資源ごみ、キャップは燃えるゴミとして分別しましょう。また、粗大ゴミは次項で説明する物以外は有料で回収してもらえます。

福岡市の搬入禁止物

福岡市では粗大ゴミなどを処理施設に自己搬入することもできますが、下記のように搬入が禁止されている物もあります。
テレビ・洗濯機・冷蔵庫・エアコンなどの家電リサイクル法対象家電、パソコンやタイヤ・LPガスボンベ・ピアノ・バッテリー・消火器・灯油や塗料・農薬や廃油などは搬入できないため、こうしたものは販売店に依頼するか、専門の機関で処理してもらわなければなりません。また、家電リサイクル対象家電は処分の方法がきちんと定められているので、その方法に従って処分しましょう。

廃棄物処理は専門業者利用が安心

自治体の廃棄物処理は日にちが決まっているうえ、収集してくれる種類にも限りがあります。施設への自己搬入の場合も受け入れ可能なものが限られているほか、搬入の手間も考えなくてはなりません。
分別の時間や手間をかけたくないという方は、不用品回収業者に依頼して不用品を回収してもらうことをおすすめします。不用品回収専門の業者に依頼すると、家電リサイクル法対象品から大型家具まで、危険物以外のほとんどの廃棄物を回収するうえ、指定した場所まで回収に伺うので、廃棄物の運搬なども必要ありません。見積もりや相談も無料対応しているので、福岡市で廃棄物の処理に困ったらクリーンアースにご相談ください。